1 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/28(土)19:54:53 ID:ptc
家無しで貯金もせず冒険に人生かけてる人の話

ようやく九州後編スレ立てれた!!
九州ではイベントや出会いがたくさんで楽しかった!
(前スレ:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1565859929/)

・動画版:http://youtube.com/RealRPG?sub_confirmation=1

・経歴/職歴など :http://go-haruma.blogspot.com/p/aboutme.html

★前スレで募った係留場所の情報について
協力してくださった方々、本当にありがとうございました!
募集は締め切り、採用したかどうかに関わらず、このヨットを格安で係留可能な場所を教えてくださった方には所定の謝礼をお支払いしました


https://i.imgur.com/A2npQ4e.jpg




海賊王に憧れてインコと一緒にヨットで日本一周してる冒険家だけど【九州後編】
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1569668093/


関連記事:海賊王に憧れてインコと一緒にヨットで日本一周してる冒険家だけど【九州前編】
http://hamusoku.com/archives/10100641.html
2 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/28(土)19:59:54 ID:8AS
内之浦を出発し、いつも通りエンジンを止めて帆走を始める
九州では港の周り以外ではエンジンを使わないという縛りプレイをしているから、何とか帆走で港付近まで移動しないといけない

しかし、残念ながらこの日は風が弱すぎて全く進めなかった

ひどい時は時速500m
おれが泳いで引っ張ったらちょっとは速くなるんじゃないか…と10分ほど悩んだけど、船舶が付近を横切った時や急に強い風が吹いた時に対応できないので辞めておくことにした

その後、多少は風が吹いたもののほとんど進めず、内之浦から15kmほどしか離れていない船間というところに係留することにした
港という感じではなく船を数隻つなげる場所といった感じで周りをゴツゴツした岩に囲まれた、かなり浅い渓流場所だった

https://i.imgur.com/klJNkz5.jpg
ヨットは漁船やボートと違い、風で進む都合上船艇にキールと呼ばれる大きな金属部が飛び出ているので、浅瀬では簡単に座礁してしまう
少し前にも一瞬だけ座礁した(潮が満ちると抜けられた)し、九州には浅い港が多そうなのでかなり気をつけないといけないだろう

現在は大潮といって潮の満ち引きが大きい時期なので少し心配だったけど、計算したところ朝までならギリギリ大丈夫そう(昼になると座礁する!)だったのでそのまま係留し、夜を明かすことにした

そこで出会った漁師さんが、この辺は店とかないから…とサバをまるごと一匹くださったので、頭を落として手持ちの味噌と玉ねぎと一緒に煮て夕飯にすることにした
基本的に港到着時は漁師さんに声をかけて話をするようにしているが、大きなサバがもらえたのはラッキーだ

明日も風が弱いけど、係留したままだと座礁するので出港するしかない

風が吹くように祈るしかない




3 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/28(土)20:00:47 ID:8AS
そして翌日

やはり風が弱く、あまり進めなかったものの時折そこそこに風が吹いてくれたので、昨日よりは進めた
ただしその代わりに雨がぱらついていたから、ジメジメしていて蒸し暑く居心地の悪い日だ

ジメジメしているのはかなら苦手だから、梅雨明けが待ち遠しい


到着して、港の漁師さんと話していると、この辺で唯一の雑貨屋さんが2km先にありあと15分で閉まってしまうことが判明したので走って向かうことにした
なんとか間に合って買い物をすると、「消費期限が今日まででもう売れないからあげる」と店番をしていたお婆ちゃんが唐揚げをくれた
ラッキー過ぎる
明日の昼ごはんとして船上で食べることにしよう

明日はめちゃくちゃ風が強く、雨も降るので危険な日だ
この前は突風によってセール周りの金具が吹き飛んだけど、あれと同等の強い風が吹き雨で視界も悪くなるという酷い日だ

出航するかしないかはもう決まっていたけど、朝までは自分の中で悩むふりをすることにした

【リアルRPG 海賊編33】JAXA特別公開イベント/無風の日々【鹿児島県(内之浦〜浜尻)】
https://youtu.be/1oFWOlgbaeQ





4 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/28(土)20:13:50 ID:8AS
翌日、まだ辺りが薄暗い時間帯で大雨が降っていたけど…
さぁ、出航だ!!

ちょうど梅雨時で、すぐ南にある梅雨前線上の低気圧が北上しこちらへ近づいてきているタイミングでの航海となる
目指すは鹿児島県の枕崎

JR最南端の駅があるらしい

土砂降りで周りが見えにくい上に、霧が濃いので遠くが全く見えない
風がゴオゴオと大きな音を立てていて周りの音も聞きづらい


叩きつけるような強い東風と、それによって巻き起こる波がどんどん船体へ押し寄せてくる
最新の注意を払いつつ、操舵と見張りに専念する

ちなみに、今回は前のようにセールトラブルを起こさないよう対策をしていた
元オーナーさんがちらっと言っていたが、メインセールは1ポイント、2ポイントと言って強風時に風を受け過ぎないよう小さく折りたたむ仕組みがあるらしい

おそらく構造上こんな感じだろうと、とりあえず想像でそれをやってみることにした
2ポイントで最小の状態にして、ジブセールは様子を見つつ揚げることにして最初はメインセールだけで航行することに決めた

荒天時は多少セールで風を受けたほうが船体が安定するので、ビショビショになりながらもしっかりと安全に進めている手応えがある!




6 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)06:34:55 ID:aGk
そして、鹿児島湾を横切る
鹿児島湾は船の出入りが激しいようなので、いつでも緊急回避できるよう一応エンジンはかけておいたけど、1隻しかすれ違わなかったから取り越し苦労だったみたいだ
鹿児島湾を出入りする潮流は事前に調べてあり、追い潮流になる時間帯に横切ることにしていた

鹿児島湾を横切ると雨が弱まり、天気が曇りに変わった
低気圧が西へ移動しおれが北へ移動したことで、低気圧の勢力圏を抜けたからだろう

遠くに富士山のようなシルエットを発見

https://i.imgur.com/gC2Ox4y.jpg
「薩摩富士」こと開聞岳だ
山頂は雲に隠れていたものの綺麗な山だったので、明日登ることにした

そして目的地、枕崎に到着

入り口に変な形の岩がある
どうやら立神岩といって、この枕崎のシンボルらしい

https://i.imgur.com/7MYZXXy.jpg

港内には長さ百メートルを超えるような大型船もあり、かなり大きな港のようだった

【リアルRPG 海賊編34】20ノットの東風! また壊れないよう縮帆しよう!【鹿児島県(浜尻〜枕崎)】
https://youtu.be/i2wzJXljmXE





13 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)17:51:44 ID:XFR
翌日、開聞岳へ出発!
朝早く、電車に乗って最寄り駅まで向かう

直前まで天気は不安定な予想だったけど、綺麗に晴れていたので登頂への期待が高まってきた
久しぶりの登山だ!

https://i.imgur.com/OCa2EQx.jpg

体全体を使って木の根や岩を登り、ぐんぐん進む
途中、会社をアーリーリタイアしてキャンピングカーで日本3周目だという50代の男性にあったので、日本一周同士ということで固く握手をした
3週目とは、すごい熟練者の方だ…

こういった出会いもあるので、今後もたまには海以外の場所へ行ってみるといいのかもしれない
せっかくの日本一周だし、ここでしかない出会いもたくさんあるだろう


そして、頂上へ到着
目安の登山時間は3時間だったけど1時間半で着くことができたから、かなり時間的に余裕ができた
ふもとの電車は4時間に1本しか無かったから乗り逃すと大変だったけどこれなら大丈夫だ

https://i.imgur.com/pTCVSBu.jpg
山頂は鹿児島の南に広がる海が見渡せ、大量の赤とんぼが視界を遮るということを除けば絶景だった
山頂の景色はもちろん凄いが、5合目から見える町の家々と海も中々壮観で、けっこう満足することができた

下山後、記念に開聞岳のバッジを買って帰宅(帰船?)
このバッジは四国編で貰った宝箱に入れることにしよう


そして船へ戻ると、ビニール袋が2つ、船室の外の操縦席のところに置いてあった
中には飲み物やカップラーメン、お菓子、野菜が少しとメモが入っていた

「差し入れです。頑張ってください」
とのことだ

どうやら昨日出会ったご婦人が差し入れを持ってきてくれたらしい
散歩を日課にしているようで、日本一周をしていると言うと興味津々だったご高齢の方だ

連絡先が分からないし明日出ることは告げているので明日まで待っても会えないだろう
感謝の気持ちを念じるだけに留めることにした

九州、まだ半分くらいなのに滅茶苦茶たくさんの人から手助けをしてもらっている気がする
直接お返しをするのは現実的に難しいけど、その代わりにおれも積極的に困っている人の手助けをするようにしよう

【リアルRPG 海賊編35】薩摩富士! 下山後船へ戻ると謎のビニール袋が…!【鹿児島県(枕崎)】
https://youtu.be/r6jZZNH2AEI





14 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)17:59:29 ID:XFR
翌日朝、出航

一瞬だけ途中にあった漁港に寄って、郵便物を受け取る
住所が無い今のおれは、郵便局留めのシステムを利用しないと郵便物を受け取ることができない

そういえば昨日の港にはハエがたくさんいたので10〜20匹ほど連れてきてしまったらしく、船内はハエだらけだった
ベッドや机の上をたくさんのハエたちがブンブン飛び回っている

ほむらの健康被害とかのリスクを考えて、できるだけ早くハエたちには退場してもらった方が良さそうだ
走行中はハエたちにとって目標物がこの船しか無く追い払おうとしてもすぐに戻ってきてしまうから、今は諦めて港に到着してからハエたちを何とかするしかないだろう

この日は終始ほどほどの風が吹いてくれていて順調に進めたので、目的地を串木野からもう少し先の薩摩川内に変更

到着後は、係留を手伝ってくださった漁師さんと仲良くなり、なんと車でテレビやラジオでも紹介されたという店で名物のホルモンうどん屋さんへ行ってご馳走になることになった
味噌うどんの味が濃くておれ好みのうどんだ

https://i.imgur.com/zan0BK6.jpg




18 :名無しさん@おーぷん:2019/09/29(日)19:18:02 ID:nmX
ゴウ!新スレおめでとう。
心機一転だな!!




19 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)19:20:33 ID:XFR
>>18
ありがとう!

(でもごめん、明後日になるとこのスレは主が不在になるんだ…
質問があるなら今のうち…笑)




15 :ツチノコ狩り:2019/09/29(日)18:12:50 ID:iuW
ヨットいいよね
外洋をひとりで操船とかすごいね
憧れるわ




19 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)19:20:33 ID:XFR
>>15
ヨット楽しい!

特に序盤はめっちゃ危なっかしかったなぁと今では思う笑





16 :名無しさん@おーぷん:2019/09/29(日)18:16:53 ID:MIY
外洋ではないので...次があれば沖縄本島までよろ。小笠原、石垣は法定備品的にGOでは厳しいからな。




19 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)19:20:33 ID:XFR
>>16
沖縄かぁ…
暑いとこ好きで、飛行機で行きまくってるからなぁ…笑

次は法的制約の少ない外国で安い帆船買って縦に世界一周…とかどうだろ!





17 :名無しさん@おーぷん:2019/09/29(日)18:19:51 ID:M4e
バトル展開まだ?




19 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)19:20:33 ID:XFR
>>17
何とのバトルだよ笑





20 :ツチノコ狩り:2019/09/29(日)20:14:23 ID:iuW
世界周ってたらほんとの海賊に出会えそうだね




21 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)20:37:55 ID:XFR
>>20
ソマリア近海でガチ砲撃不可避!笑




22 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/29(日)20:39:53 ID:XFR
翌日は休みにして川内市にて服など買い物をすることにした
そろそろ暑くなってきたのと、船艇塗装の際に服が汚れてしまい人に会う時に不自由するようになったので、何か服を買い足すことにした


そして帰り道
駅から港まで川沿いの田舎道を歩いていると、ホタルを見つけた
4月に出港してからあっという間な感覚だったが、もうそんな季節になったらしい

そういえば、昔カメルーンの森で暮らしていた時はLEDのような小さく鋭い白色光を放つ虫がたくさんいたけど、あれはホタルの仲間だったんだろうか
船に帰り着くと、朝追い払ったハエたちは戻ってこなかったようで船内はほむらが動き回る音しかせず静かだった

さて、そろそろトラブルなども一通り経験して、今後は長期的な足止めはあまり起こらない気がしたから、今までおざなりになっていたやり込み要素をやることにした

イマイチ成果が出せていないやり込み要素は「植物」と「釣り」だ

もちろん、どちらも全く達成できてないとういう訳じゃない

植物についてはビタミンCを摂取するという課題に対して「ブロッコリースプラウトを育てる」という答えが出ていたし、釣りもサビキでアジを釣ることはできたので、釣りを経験したことのない人間が一人でやってみた成果としては十分だ

ただし、実は小松菜の方はなぜかうまく育たず、何度か植えてみたもののある程度成長すると萎れてしまっていたし、釣りもトローリングが禁止行為でできなかったのでまだサビキしかできていない

対策を立てることにした

①植物
小松菜が育たない理由について色々考えてみたところ、温度管理がうまくいってない
(これまで南下してきたから、初夏に入るのと合わさり急激な温度上昇があったのかもしれない)
のかもしれないと思いあたった
それなら今後は北上するから大丈夫だろうと、改めて種を蒔いて育てることにした

この冒険はあと3ヶ月ほどで終わる予定だから、あまり育成期間の猶予はない

②釣り
夕方以降、港に到着してからできる釣りで、「待ち」に近いものは無いかと考えた結果、ある特定の釣りに辿り着いた

釣り竿の先に魚の切り身を入れたネットを吊るし、沈めておくと餌に寄ってきた奴がネットに絡まる仕組みらしい

アミはコンビニ受け取りで注文したから、数日後にはその釣りを始めることができるだろう

以上2つをやることに決め、明日の出航に備える


そして翌日朝、出航直後、防波堤の向こうに白波がたくさん立っているのに気付く

ヤバイなあと思いつつも突っ込んでみたところ、やっぱり操舵困難で、エンジンを使っていても波に煽られ殆ど進めない状況だと分かった

海が荒れて風が強ければたくさん進めるだろうと思って早めに出発したが、ちょっと攻めすぎたらしい

【リアルRPG 海賊編36】トラブルが減少した張り合いの無い日々をどう過ごすか【鹿児島県(枕崎〜薩摩川内)】
https://youtu.be/CChOogbC--w





27 :名無しさん@おーぷん:2019/09/30(月)10:39:17 ID:qvZ
それにしてもいい感じに焼けたな




30 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)12:14:24 ID:lSp
>>27
昔は赤くなるだけで焼けない肌だったんだけどな
毎年夏に冒険してたら焼けるようになってきた笑




28 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)12:04:53 ID:lSp
これじゃエンジンを止めて帆走だけだとまともに航行できないだろうし、あと数時間後には海が穏やかになるとは分かっていたから、出発地点の近くにあった唐浜という所に少しだけ係留することにした

https://i.imgur.com/Qu6Qk4j.jpg

午後、出発してみると海は穏やかで、何の問題もなく順調に進むことができた

たったの数時間で海の姿はこうも変わるらしい

…とはいえ昼過ぎに出発したせいで距離が稼げなかったから、本来の目的地だった天草の牛深へ行くのは諦めて阿久根に寄港

そして、午前中航海してようやく牛深へ到着
風が横から強く吹いてくれていたからすぐに着くことができた

メカニック兼漁師さんというハイスペックなフォロワーさんがエンジンや船体を見てくれるとのことだったので、ありがたくお願いすることにした

その結果、エンジンに問題はないものの、Vベルトは古くなっているとのことだった

…これ老朽化で切れたらダメだよなあ
直ちに問題はないにしても、少し注意はしておいた方がよさそうだ
どこかで交換品が手に入りそうだったら買っておいた方が良いだろう

この日はスレ立てと動画編集をしないといけない日だったから、何とか両方終わらせてそのまま就寝

【リアルRPG 海賊編37】荒波の中航海することにして大敗北したバカの末路【鹿児島県(薩摩川内)〜熊本県(牛深)】
https://youtu.be/gccN4Kq7ac0





33 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)18:31:10 ID:lSp
さて、そろそろ台風が発生する時期に差し掛かってきた

現在、台風3号はこちらへは来ないから良いとしても、別の熱帯低気圧が接近していたから注意が必要だ
その熱帯低気圧のせいで夜中は船が大きく揺れていたので、何かあった時の為に一応明け方まで起きておくことにした

そして、昼過ぎになり出航
海は少し荒れているようだけどまあ何とかなるだろう
何とかならなかったら引き返す予定だ

今日の目的地はおれの大好きな温泉街!
天草下田温泉というところだ

昨日の熱帯低気圧は温帯低気圧に変化していたので、むしろ強い風に注意しないといけなくなった
(両者は風速ではなく構造で定義されているし、対称性を持っている熱帯低気圧が温帯低気圧化するとその対称性が失われるから、より広い範囲で風に注意する必要が出てくる)

この日は出航時、ショートカットのために初めて橋の下を通ることになった
通天橋という赤い大きな橋で、この下を通れれば次の目的地へは何キロもショートカットすることができる

一応橋の下から水面までの距離は現地の方に確認して自分でも目視で大丈夫そうだと判断したけど、いざヨットで通る時に8mあるマストのてっぺんを見上げても、果たして大丈夫なのかどうか全く分からないことに気付いた


https://i.imgur.com/q7XnKBb.jpg
大丈夫なはずだ…とかなりドキドキしつつ、いつでもバックをかけられるようにして微速前進…

…よしっ、いけた!!

その後は熱帯低気圧が通り過ぎたあとの穏やかな海を進む

天草下田温泉に到着後、夢ほたるという旅館でビジターとして温泉へ

おれは温泉が大好きだから今まで何度も温泉旅館で住み込みをしていたことがあったけど、久しぶりの露天風呂は滅茶苦茶気持ちよかった
なんとこの温泉は現在も熱源不明の温泉で、火山活動による温泉ではないらしい
断層の摩擦熱によるものではないかと考える学者さんもいるようだ

石造りの落ち着いた空間で、湯気で灯りがぼんやりと光る中、温泉に浸かっているだけでかなりリラックスすることができた

明日からは長崎だ!!

【リアルRPG 海賊編38】マストをぶつけたら大惨事!ヨットで橋をくぐってみた!【熊本県(牛深〜下田)】
https://youtu.be/TRpImqs9ud4





34 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)18:32:54 ID:lSp
そして数日後、雨が降る中舵を握り、長崎県、軍艦島の付近にある高島へ

雨はすぐに強くなったから、土砂降りの中寄港するハメになった
係留後、ビショビショの体をタオルで拭きながら一息つく

ちなみにわざわざ雨の中ここへ来た理由は、雨が止めばドローン撮影ができ、遠くに見える軍艦島の姿を写すこともできるだろうと考えたからだった
明日も高島にいる予定なので、なんとか明日雨が止んでくれれば撮影することができる

軍艦島は、許可無しでの上陸や上空でのドローン撮影が固く禁じられている
ただし、長崎の観光関連の部署に問い合わせたところ、係留さえしなければ船について「何km以上近付いてはいけない」とかそういったルールは無いらしい
なので、高島からの出航時にはギリギリまで近付いて島の周りを船でぐるっと回ってから北上することにした

そして、高島での夜、雨は降っていたがこの前から考えていた新しい釣りをすることにした

スーパーで買ったイワシの切り身をアミ中央にある袋に入れて、海へ沈める
そのまま数時間待ち(本当は十分くらいでも良いらしい)、引き上げると…!




35 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)18:38:12 ID:lSp
おぉ!
かかってる!!!

https://i.imgur.com/g5ejTzy.jpg

カニだ!

カニも自分も怪我しないように慎重にアミから外し、ブクブクを稼働させている水槽へ移す
カニはエラ呼吸しかできないので、長時間陸にいると弱ってしまう

移動直後、特に問題はなかったようでカニは水槽の中を元気に動き回っていた

https://i.imgur.com/Iso65QF.jpg

どうせ食べるのでどうでもいいけど、これは…ワタリガニじゃなくてイシガニだろうか
まあどちらにしてもワタリガニ科なのはほぼ確実なので、とりあえずワタリガニだと認識することにした

久しぶりに非常食ゲットだ!!

【リアルRPG 海賊編39】竿に網と餌付けて沈めて放置したら、新しい非常食が手に入った!【長崎県(高島)】
https://youtu.be/Fh97iMuOvz4





36 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)18:43:44 ID:lSp
さて、高島での滞在最終日になったものの、結局ずっと雨が降っていたからドローン撮影はできずじまいだった
正確には一瞬だけ完全に止んでいた時もあったけど、次にいつ降り出すか油断できない状況だったからドローンを飛行させる訳にはいかない

仕方がないので、高島の炭鉱資料館で軍艦島の事を調べたり、カニの事を調べたり、島の雑貨屋で食料を買い足したりしてこの日は終わった

そして翌日
いざ、軍艦島(の付近)へ!

軍艦島は昔、良質な石炭が取れることで栄えた島らしく、人口密度は当時の東京の9倍で世界一だったみたいだ

直径数百メートルの小さな島に、所狭しとビルやアパートが立ち並んでいる
当時の人々は高給ながらも危険な炭鉱作業をどんな風にやっていたんだろう
テレビなんかの家電の普及率は長崎一だったらしく、幼稚園や学校、プールもあり家族で暮らせる環境は整っていたようだ

https://i.imgur.com/GJSPN62.jpg
上陸はできなかったけど、ボロボロに崩れた廃墟を眺めながらあれこれ想像を膨らませることはできた

最後は、なんだか軍艦島自体が生きているような錯覚に陥りつつ、島を後にして北上

今日の目的地は長崎県の西海市だ

なんでもバイオパークという、カンガルーと触れ合える施設があるらしく、今後の冒険のインスピレーションが得られそうだから寄ることにした

西海市の港へ到着した時はちょうど干潮だったので、岩礁が多く、どの辺りを通って港へいけば良いかが中々難しかった
今は大潮といって潮の満ち引きが大きい時期だから尚更だろう

海図や地図アプリとにらめっこをしつつ、ふと顔を上げると、前方50m辺りにわずかに不自然な白波が立っている場所があった

…?
な、なんだろう

特に危険そうなものは電子海図には出てきていなかったが、とりあえずその白波部分を避けてすぐ横を通ろうとすると、まさに横切るその時、船のすぐ横に険しく凸凹な岩があるのが見えた

あ…危ない…!

避けられて良かったが、もし気付けなかったら衝突してこの脆いキールにヒビが入っていただろう
地元の漁師さんであればこういった岩の情報は熟知しているだろうけど、おれは毎日知らない港に行かないと日本一周ができないから、こういった初見殺しな危険は今後も続くだろう
今回のように、それまでに培った経験と勘でなんとかしないと即ゲームオーバーになりそうだ

更に、この辺りは潮の流れが強いようで、ある時いきなり変な流れに飲まれて船首が90度方向転換したりもする

さらに時間帯のせいか、西海の港入り口では20分おきくらいで連絡船の往来もあるようだったので、迷惑をかけないよう、隅っこの方から港に入っていかないといけなかった

何とか港へ入ってからも、浅さの関係で係留場所を悩みつつ、より外海に近い外側に係留することに決定
連絡船の引き波や出航する漁船の引き波はモロに受けてしまうが、干潮時に座礁するよりは遥かにマシだ
明日はバイオパークに行っている間船を留守にするので、その時に何かあったら大変なことになる

西海市はかなり都会だったのでコンビニなどもあり、食料調達をして船に戻り就寝

【リアルRPG 海賊編40】軍艦島の周りを船でぐるっと回ってみた【長崎県(高島〜西海)】
https://youtu.be/i9xZFO2kxKg





37 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)20:39:11 ID:lSp
翌日、西海市からバスを乗り継いでバイオパークへ!!

入り口にリャマとベニコンゴウインコが!!

ちなみに実は、今回の冒険ではコンゴウインコを仲間にしようかと迷っていた
しかし、コンゴウインコは寒さに弱い上に飼育場所や声量の問題により、日本では幸せになるのが難しいだろうと考えてナナクサインコのほむらをお迎えすることにした
ナナクサインコは暑さ寒さに強いので日本一周やその後も逞しく生きてくれるだろうとの思いだ

どうやらバイオパークはカンガルーやアルパカだけの施設ではないらしい

カバ、ゾウガメ、カワウソ、フラミンゴ、カブトムシ、リスザル等、多種多様な動物たちがほとんど柵や檻を使わない状態で飼育されていて、リスザルやカンガルーなどたくさんの動物たちと触れ合うことができた

https://i.imgur.com/SZ1MzK3.jpg

https://i.imgur.com/0T5yxnK.jpg

今日は雨がかなり強かったのでほとんど来場者はいないらしく、ほぼ貸切状態のバイオパークを満喫

船に帰ってきて干潮の凄さにテンションが上がりつつ、溜まっていた作業を消化し就寝

https://i.imgur.com/adLJewi.jpg

実は明日からは、九州編の実質的なボスになるであろう難所、平戸海峡へ向かう

多くの人が「その船では難しそうだ」と教えてくれたので、とても楽しみだ

【リアルRPG 海賊編41】カンガルーたちと隔たりなく触れ合えるバイオパークに行ってきた!【長崎県(西海)】
https://youtu.be/ZbgPlgxjPVM





38 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)20:40:26 ID:lSp
そして、平戸海峡へ

平戸海峡は、九州へ来たばかりの頃から「狭く海流が速いから小型船だと危ない」と色々な人から言われ続けていたから、何とか乗り越えられないかやってみることにした

最近は帆走の慣れと、おーぷんに降臨した神の助言のおかげで向かい風の時に登れる角度がかなり改善されてきた
九州に来て帆走縛りを始めたばかりの時は風に対して60〜55度くらい角度を付けないと登れなかったけど、今なら40度、手動操舵で頑張れば35度くらいで登れるようになった
とは言っても、角度が急だと進むのに神経を使うし速度も落ちてしまうので、45度〜50度くらいが楽だ

程よい角度で北へと登っていき、平戸海峡手前にある紐差漁港に到着
3、4km位離れたところにコンビニがあるようだったので、夜、散策も兼ねてのんびりと往復する

この辺りはカニが多いらしく、路上を歩くと隅の方でカサカサとカニが隠れる音が何度も聞こえた

…非常食のワタリガニ、このままだと水質の地域差で死ぬよなあ
釣り上げた長崎県高島の海水は20Lほど確保していたが、毎日水替えをしているからそろそろ尽きる
流石に稚内の海水では体調を崩し死んでしまうだろう

何とかすべきだろうか…笑


まあ、今は明日のボス、平戸海峡に集中だ
ワタリガニのことについては終わってから余裕があれば考えることにしよう


そして早朝、いざ、平戸海峡へ
色々と準備をして、潮流的に一番いいタイミングで海峡を通れるよう出発する時刻を調整し、たくさんの船の迷惑にならないようメインエンジンを解禁したりサブエンジンをいつでも使える状態にしたりした


…が、なんと平戸海峡は何の危うさも無くあっさりと越えられてしまった
良いことではあるし、九州編でたくさん経験値を得て成長したお陰で楽勝だったという見方もできるが、なんというか、不完全燃焼だ

北海道一周をするとなるとこれが最後の海峡だったわけだけど、何ともあっけない…

(…と、思ってたんだけど、結局その後はあと2種類の海峡を越える羽目になって、どちらもエキサイティングだった!)

【リアルRPG 海賊編42】九州編のボス! 平戸海峡越え!【長崎県(平戸)〜佐賀県(呼子)】
https://youtu.be/sGyqAzsGC9Q





40 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)21:03:00 ID:lSp
そして、佐賀県呼子に到着して、その翌日、日本三大朝市なる呼子の朝市に行ってから出港

https://i.imgur.com/CP36gja.jpg

https://i.imgur.com/KahiBk2.jpg

https://i.imgur.com/b96JxkW.jpg
名物のイカしゅうまいは朝早くてまだ売られていなかったのでイカ焼きを食べる

今日は早めに港へ到着して、動物病院へ行ってほむらの定期健康診断をすることにした

最近は乗船後5g増えていた体重が2g減ったのと、たまにおれの手に乗るのを断るようになって一人の時間を作るようになったから少し心配だ

ほむらは久しぶりのお出かけで緊張したらしく、下痢になってしまいそれを検便の検体として出すことになった
その影響か、深刻な病気や問題は無かったものの、少し消化不良になっていたのと、潜血が通常値より多いらしく、どこかで炎症を起こしている可能性があるとのことだった
慎重にようすを見る必要がありそうだった

動物病院付近の係留場所は水深が浅くヨットを止められそうになかったのですぐに移動して次の目的地、福岡県の糸島市へ


ほむらについては、整腸剤などの薬をもらったのでひとまず毎日与えてみて、念のため再検査をした方が良いだろう

ちなみに他の生物についても何かしら健康管理をすべきだと思ったのでやってみることにした

まずは小松菜
最近は海が荒れている時に航海することが増えたので、揺れに対する対策が必要だと思ったので、今生き残っている5本のうちよく育っている2本に対して実験的に竹串とタコ糸で添え木のようなものをしてみることにした
また、塩害対策として上からビニールをかぶせてあまり空気が入らないようにすることにした
本気で潮風を防ぐなら高性能な防塩フィルタなどが必要だけど、高く入手が困難だったので諦めることにした

そして、ワタリガニ

非常食なので不本意ながら、こいつも対策をしないと近いうちに死んでしまうだろうからなんとかすることにした
長崎の海水が尽きてしまったので、ここからは現地調達の海水になるが、そうなると水質の違いでいつ死んでしまってもおかしくない
川に係留することもあるのでそうなると即死かもしれない

…というわけで、人工海水を購入し利用することにした
今水槽に入っている長崎の海水を少しずつこの人工海水と入れ替えて慣らしていけば、高い確率でワタリガニは生き延びられるだろう
人工海水の生成にはミネラルウォーターではなく水道水が一番良いらしいので、各地で何とか水道水を調達しないといけない
さらに水道水は中に入っている塩素を無毒化しないといけないので、そのための薬剤も購入した

これでなんとか、しばらくは生きられるだろう

まあ、餌食べてるところとか動き回ってるところとか、可愛いと言えなくも無いから良いだろう

【リアルRPG 海賊編43】ほむらの定期健康診断! 釣った場所の海水ストックが尽きたのでカニ終了のお知らせ【佐賀県(呼子〜唐津)】
https://youtu.be/Ba93s6AfzRM





42 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)21:26:57 ID:lSp
そして、七夕の日に冒険がきっかけで知り合ったVIPな方と会ったりしつつ、東へ向けて出港

あと少しで本州だ!!

向かい風がかなり強く、船が左右へ大きく煽られつつも舵を握りしめて航海する

本当は大島という北にあるところまで進む予定だったけど、風が強く、まともに航行できる状態ではなかったので少し手前の相島というところにやむなく避難することにした

到着時、養殖のイカダを避けて港に入ろうとしていると、大きなフェリーが別の入り口から出てくるのが見えた
フェリーは大型でまさに客船といった感じだったから、どうやらここは何かの観光地らしい

係留後、ググるとすぐに出てきた
猫島だ!!

明日も海が荒れるので、この猫島を散策して猫に癒やされることにしよう
ヨットはほぼ外海とも言える岸壁の端っこにとめたので土産物屋などへは少し距離があるけど、それまでの間にたくさんの猫に会えるかもしれない!


そして翌日、猫島を歩き回り癒やされていたところ、スペイン巡礼の徒歩旅を達成したという釣り人の方と仲良くなり、島のことを色々と教えてもらった
どうやらここは元々猫島では無かったらしいが、比較的猫が多いということで猫を前面に押し出して観光地化することにしたらしい

散歩中、アスファルトのど真ん中で堂々と眠る猫を何匹も見かけた
猫も人ものんびり過ごしているゆったりした素敵な島なのかも知れない

https://i.imgur.com/pkIeCGT.jpg

https://i.imgur.com/97EUPGD.jpg

https://i.imgur.com/Y9C2VdX.jpg


かわいい猫たちに癒やされ、明日から始まる予定の日本海編に備えて早めに寝ることにした




43 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)21:33:33 ID:lSp
そして朝5時
気合を入れて出港

いざ、本州山口県へ!
九州編も今日で終わりだ!

この日も向かい風に近い強めの風が吹いていて、沖の方へ流されつつも北上して山口県を目指す
今日はこの後風が更に強くなり、強い雨が降って嵐みたいになるので、ある程度山口側まで来れたらエンジンを使い一気に港へ向かう予定だ

セーリングがうまくいくよう舵を調整しつつ見張りをしていると、マストの近くに何やらうごめくものが見えた

若いフナムシだ!
相島の港から船に付いてきてしまったらしい

この後かなり強い雨風がやって来るから、こいつはその時点で振り落とされて死んでしまうだろう

…と、思ってしまうとどうにも居心地が悪い




44 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)21:35:10 ID:lSp
仕方が無いのでそのフナムシ君を確保することにした

フナムシは結構な速度で逃げ回るので、そこそこ風が強く波で船首が大きく上下する中、船首でフナムシを捕まえるべく攻防を繰り広げる
フナムシが逃げようとして海に落ちないよう追い立てる方向を工夫しないといけないので神経を使う

しばらくして、何とかうまくハンドタオルで優しく包んで捕獲することができたので、フナムシ君にはペットボトルに入っていてもらうことにした

港に着いたら逃がすことにしよう
そしてその後、かなり陸からは離れてしまったものの、何とか帆走で県境と思しき場所まで来れたのでエンジンをかけて機帆走で航行する
…が、ここで大きな問題が発生した

エンジンのスピードが出ない…!!
更に、山口の方向へ船首を向けてもすぐに強い東風によって南か北へ船首が向いてしまって、まっすぐ進むことすらできない…!

スピードが出ないのは、ホンダワラが絡んだからではなく、単純に強い風とその風によって立った波に押されているからだ
エンジンを全開にしてもたったの1.数ノット、時速2kmほどしか出ていない!
…これじゃ、日没までに陸に着けない!!

そして、大粒の雨が容赦なく降り始めた
周りに島もない海上で、雨風強い嵐の中、ぽつんと一人
波は山口側の岸からの吹走距離(つまり助走距離)が短いこともあり低かったが、それでも選定をドン!ドン!と何度も強くノックする
その度に水しぶきが上がり、しょっぱい水がおれの顔や服に大量に降り注いだ
これ、ヤバい奴だな…

ひとまず、何とかできないかと色々とやってみる
エンジンが使えないなら、帆走は…
いや、今の状況は風が強すぎてかなり危険だ
東からくる波と風の力で船が大きく傾いてしまう
それに、帆走だけでは微妙な針路の調整が効かず、岸まで辿り着けない

…とはいえ、多少危険ではあっても日没までに岸には辿り着かないといけない
日が沈んで暗くなってしまうと一晩を荒れる海上で過ごすことになるだろうし、他の船に気付いて貰えず衝突してしまう恐れもある
…だ、駄目だ、少なくとも山口には行けない

よし、戻ろう!笑
風が強くてエンジンも帆も使いづらい状況ではあるけど、機帆走で両方使えば互いが補い合って少しはマシに航行できる気がしたので、機帆走をすることにに決定

結果、雨風が強く視界が悪いので油断はできないものの、ギリギリ日没までには福岡県の港に到着できそうな速度は出ていた
よし、後は根性!
自然の恵みである雨と海水を全身で受け止めながら、ビショビショのグズグズになりつつ濡れた手で舵を取る
そして何時間もの航海を経て、無事に港に到着

今日はかなり軽油を消費してしまったものの、付近には開いているガソリンスタンドが無いようで、補給できず
ちょっとした買い出しだけして、軽油については明日考えることにした
朝5時から日没近くまでずっと舵を取っていたにもかかわらず、全然進めていない
「嵐の日は進めない」というのを今日の教訓として、今後に活かすことにしよう…
ちなみにフナムシ君は、無事に自由の身となり、周りのフナムシたちのところへ混ざっていった

【リアルRPG 海賊編44】ついに九州から本州山口県へ! 嵐の中の帆走!【福岡県(相島〜波津)】
https://youtu.be/JZflMdU0ZB0





45 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)21:38:23 ID:lSp
そして、翌日

朝、出港前の点検でエンジンオイルが少なくなっているのに気付き、メインエンジンの蓋を取り去ってエンジンオイルを補給する

そこで、エンジンの手前の部屋に水が溜まっているのを見つけた

昨日の雨で雨水がどこかから溜まったんだろうな、うんうん、ペロペロ



…しょっぱい

なるほど、昨日たくさん海水がコックピッドに降り注いだから、それが入っちゃったのかな

手動ポンプで海水を外へ排水する

よし、終わった
もう大丈夫だろう

しかし
10分後、床下を見ると、海水はほぼ排水前と同じくらい貯まっていた

…あ、あれ…?
こんな状況、前にもあったような…?

https://i.imgur.com/ADtqa5Y.jpg

【つづく】




46 :1◆0sA8GVLJwJ07:2019/09/30(月)21:42:10 ID:lSp
今回のスレはここまで!

駆け足になってしまって申し訳ない!
動画が多いから、映像で補完してもらえると分かりやすいかも!

次スレは1ヶ月後ごろに立てる予定!

動画は今後も週2くらいで更新予定なので、もし良ければチャンネル登録をよろしくお願いします
http://youtube.com/RealRPG?sub_confirmation=1




47 :名無しさん@おーぷん:2019/10/01(火)00:14:28 ID:JlE
これからが最大のピンチだっけな?

もう出発したんだろうか?
行ってらっしゃい




49 :名無しさん@おーぷん:2019/10/01(火)09:32:05 ID:di2
いつも応援してるよ!行ってらっしゃい




51 :名無しさん@おーぷん:2019/10/01(火)11:21:18 ID:Jy1
GOさん 行ってら〜




52 :名無しさん@おーぷん:2019/10/01(火)19:08:06 ID:KkP
乙!
次スレも楽しみに待つよ!
気をつけて冒険してね




53 :名無しさん@おーぷん:2019/10/01(火)19:22:44 ID:U3w
お前めっちゃ頑張ってるな?勇気になるしなんだかありがとな?
これからも頑張ってくれ!応援してるわ




50 :名無しさん@おーぷん:2019/10/01(火)11:16:10 ID:GtT

次の冒険も楽しみにしてるぞ






過去の人気記事ランダムぴっくあっぷ
今週の人気記事一覧