nouka_man_hatake



1 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:15:00 ID:E0L
需要があれば続けるし農学系大学のヒエラルキーも教えるよ




身近な野菜や果物や食品添加物のうんちくを農学部出身の俺が語るスレ
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1573614900/



2 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:16:03 ID:aL9
勝手に語れ




3 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:16:06 ID:hW9
今からお出かけだから後で読みたい




6 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:20:33 ID:E0L
>>2 >>3
よっしゃいくで
昼飯時だから離れる時もあるかもしれない





4 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:17:22 ID:hW9
農工大行った人いたけど知名度ないから嘆いてた




6 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:20:33 ID:E0L
>>4
動植物を扱う業界の大手の社員でさえ東京農大と間違えられるからね
農大の人は学部によって偏差値10〜20以上違う大学なのに申し訳ないと言うが
農工大の人はあるある話だから気にならないと言う




7 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:23:37 ID:ia2
>>6
昼飯時だから語らんかい




10 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:28:09 ID:E0L
>>7
言いたい事は理解できるのだけど
俺も飯食わないと動けない
今日は風邪でぶっ倒れているから昼間からこんなことやってる
スタミナはつけないと
風邪がひどくなるからね




8 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:24:51 ID:kkp
>>1
のうりん!というアニメとか
学部で流行ってるの?




10 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:28:09 ID:E0L
>>8
マンガオタやアニオタは多いけど意外と農業物はみない
勉強家なら新鮮な知識が得られないし
サボり魔ならプライベートで農業と離れたいからかな






9 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:25:31 ID:E0L
ハボタンはキャベツと同じ植物

キャベツは江戸時代に日本に入ってきた
欧米では食用にされているという知識も分かっていたし
品種改良するくらいだから栽培に必要な知識や気候風土もあった
それでも観賞用に特化してしまった
なぜだろうか明確な理由はよく分かってない
あくまで推測なんだけど江戸時代の食生活に合わなかったからかと
洋食が定着するまで食べなかったわけだし
トンカツなどの脂っこい料理に合わせるのが普通だからね
江戸の人は大トロを肥料にしてたくらい脂っこい食事を嫌ったから
食べる気にならなかったのかもしれない




11 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:34:00 ID:axL
なんで北朝鮮はコメじゃなくて
とうもろこし作るのに比重を置いてるの?
水が不足してるの?




12 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:35:21 ID:j8W
>>11
治水が間に合わないと思われる




13 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:39:00 ID:aL9
>>11
寒いからじゃね?




16 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:40:42 ID:E0L
>>11
12さんと13さんの言う通りです
治水工事やる余裕がないからです
寒さはあまり関係ありません
元々は中南米原産の熱帯食植物ですし
耐寒性品種は北米でも増やしてますから




19 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:50:49 ID:QbX
>>16
コメ1t作るのに必要な水の量と
とうもろこし1t作るのに必要な水の量
とか知っている?




21 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:56:04 ID:E0L
>>19
詳しい数値は覚えていませんがトウモロコシの方が遥かに少ないでしょう




39 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:56:46 ID:bzW
>>21
フランスでトウモロコシよりモロコシの方が水を使わないからECOだと注目されているとか
飼料としてもほとんど変わらない
これ代替されますか

あと、中国大陸の昔の食料栽培は高黍が最多だった
今のグルメ時代にそれらはどうなっていますか
https://pbs.twimg.com/media/EGH0e6NU8AAoxMV?format=jpg&name=small




44 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:06:19 ID:E0L
>>39
数十年後は水資源が不足して紛争になるといわれてますから
水資源を使わない作物はこれから普及する可能性高い
そもそも肉の生産ってムダなんですよ
牛肉は鳥肉の15倍の穀類と水を使うし
牛革と植物由来合皮も同様
将来的には牛肉や牛革が超高級品になる可能性高いから
買えるうちに買った方が良いし
食えるうちに食った方が良いですね

雑穀類は低カロリーでビタミンとミネラルが豊富だから
健康志向の富裕層に注目されています
西欧の富裕層の間では人気ありますね




14 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:39:57 ID:E8M
トウモロコシはどんの気候でも育つからな
米より手間も少ないし
そのまま食べれるし粉にしてもいいし
調理も楽




15 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:40:31 ID:E8M
残留農薬について語ってほしいな




17 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:44:41 ID:E0L
>>15
とりあえず洗えば大丈夫って話です
意外かもしれませんがチンゲンサイなどの中国野菜の大半は国産です
ニンニクは中国産多いですけどあれは農薬や除草剤をほとんど使わない植物なので安全です
先進国の中で単位面積当たりの農薬使用量は日本が最多争いしてます
意外と輸入物の野菜が安全な場合もあります
ただし熱帯から来た果物は例外です
農薬の使用量は法規制されていますが防腐剤の使用量は法規制されていない事が多い
なのでバナナみたいに皮が厚い植物や加工品以外は危ないでしょう




18 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:46:33 ID:E8M
>>17
俺もそこら辺は調理系の勉強してたかから分かってるんだけど
農学系からの意見もほしくて




36 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:46:27 ID:bzW
>>17
無農薬レモンを買うと防カビ剤の力を思い知る




38 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:54:45 ID:E0L
>>36
無農薬ですよ
ただし防かび剤を大量使用
詐欺みたいな商売だけど法律は守ってるから摘発されない
違法行為をするヤクザとか半グレは怖くない捕まるし普通の人は助けないから
善人面して合法だけどヤバイ事してる一般人が一番怖いし性質悪い





20 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:54:49 ID:E0L
トマトは毒草だと思われていた

原産国外でトマトを最初に食べた国はイタリア
サルサソースが大昔からあるので原産国では食べていたらしい
そういう知識は西欧まで伝わらなかったみたい
実が派手な色だから毒草だと思われていたし
観賞用に栽培されていた
イタリアで飢饉が起こった時に貧困層の人が食べ始めた
どうせあの世行きなら毒草でも腹いっぱいになったほうがマシだと
食ってみたら美味かったし健康に害はなかった
それで食用として広まった
イタリアはトマトカルチャーの発信地ではあるけど
消費量が世界一多い国はエジプトなどの北アフリカでトップ争いしてる
日本に比べるとインドとその周辺国も遥かに大量のトマトを使う
もちろんトマトケチャップに使う場合も多いけど
意外な事にイタリアではあまり好まれていない




22 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:56:40 ID:aL9
>>20
イタリア料理といえばトマトなのにそんな好きじゃないんか・・・




33 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:32:46 ID:E0L
>>22
自国の文化に誇りを持ってる愛国者が多い国ですからね





23 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)12:57:48 ID:j8W
農家の人口が減ってるけどどうしたらいいの




33 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:32:46 ID:E0L
>>23
企業化して経営資源を一括管理するしかないでしょうね
海外では当たり前なのに日本は個人事業主しかも兼業が大半ですから





25 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:02:39 ID:ia2
農薬の使用が他の先進国の数十倍とかアホがよく言ってるけど多湿の日本で無農薬栽培がどんだけ難しいか
調べてから言えって話だよな




34 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:34:44 ID:E0L
>>25
まったくその通りです
無農薬栽培を推してる自称農業通はうちらや農家から見れば半可通です
趣味の園芸と産業としての栽培を混同してます





56 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)15:22:00 ID:dD6
>>25
農薬と無農薬を比べた場合人体への影響はどんな感じなのもしかして大差ない?




57 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)15:27:42 ID:ia2
>>56
と、言われてる
未来の事はどうなるかなんてわからんけどな
でも戦前の無農薬有機栽培が当たり前の時代なんかは野菜の疫病が原因による健康被害なんかもしょっちゅうだったらしいし
それによる農薬推奨による収量アップなんかもあったりして、もう正直自分らでもなにが正しいのか全くわからん




27 :忍【LV27,ゾンビマスター,PT】:2019/11/13(水)13:08:27 ID:ynn
農業と連作は切っても切れないと聞いたが
なんで水田やと大丈夫なん?




28 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:10:46 ID:ia2
>>27
米に限らず連作障害なんて農家なら対策練ってるからだよ
「連作障害 堆肥」で調べてみろ




29 :忍【LV27,ゾンビマスター,PT】:2019/11/13(水)13:16:44 ID:ynn
>>28
対策せな連作障害起きるやん
でも水田は起きないのはなんで?
調べて分かるかもやがスレ要らない子になるやん




31 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:21:29 ID:ia2
>>29
大抵連作障害起こして失敗するのは初心者の家庭菜園レベル農家な
まともな所で修行した、いわばプロの農家ならまず連作障害は起こさないよ
そもそも連作障害ってのは前回の作物による土の養分を吸い過ぎて空っぽになるのと、その作物の害虫が産卵してたりするものによるわけで




33 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:32:46 ID:E0L
>>29
お二人さん喧嘩はほどほどに
コメは水を抜いて土用干しするから大丈夫なんです
水中に棲む稲作を妨害する生物を全滅させますから
それと水草であるということがポイントです
水に浸かっているから肥料不足でも育つんですね
無施肥で穀物の収穫量がどう変化するか調べたら
コムギは3割程度の収穫なのにイネは7割程度も収穫確保できました
余剰肥料も水で流出するから
ミネラルが堆積して土のコンディションが悪くなるリスクもほぼないです




32 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:24:25 ID:ia2
説明が足りんかったな、すまん
米の場合、日本は水田だから毎年新しく田おこし、水張りをするからその時に新たに養分が補給されて害虫も産卵、孵化が出来にくくなるのよ
そのせいで連作障害が起きにくい(起きないとは言っていない)




34 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:34:44 ID:E0L
>>32
詳しいですね
プロ農家さんか農学部出身者ですか




48 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:20:21 ID:ia2
>>34
農業法人勤務のサラリーマン農家です




52 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:39:58 ID:E0L
>>48
道理で詳しいわけです





54 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)15:08:17 ID:ia2
>>52
俺は所詮高卒で入ってるから難しい事は知らんけどね
現場で覚えた内容だけ




59 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)16:39:20 ID:E0L
>>54
学歴は関係ないですよ
自分も植物マニアで栽培の知識はありますが
学校で学んだ知識なんか文字通り参考程度ですから

農薬の問題は難しいですね
農産物より公園で使われている植物の農薬が問題視されています
バラなんか農薬漬けにするの前提の品種が多くて
農薬を使わないと虫のエサになるような品種も多い
そんなの植わってたら子どもやイヌが口にしただけでやばいですし
農薬なしで育つ品種を研究している学者や栽培家が多いです
植物って自力で感染症を防ぐ免疫があるんですよ
たとえば細胞が病原体に寄生されたら
寄生された細胞に隣接している細胞が自滅するんです
そうすることで寄生生物の移動を阻止する
江戸時代の消火活動と似てますね
他にも光を検知する細胞小器官があって
光合成が合理的になる葉の配置になるよう
葉を枯らせたり茂らせたりする機能もありますね




30 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:18:45 ID:E0L
世界一で一番バターを使う国はインド

バターって途上国では高級品
戦前〜戦後間もない日本でもだったけど
その高級品を大量に使っているのがインド
EU全体の使用量の約2倍という圧倒的使用量
料理には大量に使うし
チャイに入れる事もあるし
燃料にする事もあるし
宗教的儀式に使う事もあるし
虫よけとして皮膚に塗る
インド人からバターを取ったら生活が成り立たない
ちなみにチベット人はバター茶を一日に何リットルも飲むそうだ
日本人が日本でやったら肥満で動けなくなる




35 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:37:59 ID:E0L
コンビニの菓子によく使われるコチニール色素はカイガラムシ

カイガラムシとは昆虫なんだけど
エビに近い生物であるフジツボがほとんど動かないように
ほとんど動かない昆虫
植物に寄生して養分を盗るので普通なら害虫
サボテンに寄生するタイプのカイガラムシがいて
そいつをナイフで削ぎ落として粉末にすると
コチニール色素の出来上がり
日本で食べた事ない人を探すのが難しいくらい使われてる




37 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:48:19 ID:1t1
パンダのうんこは香水に使われる




38 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)13:54:45 ID:E0L
>>37
マジか
それ相当高価じゃないの




41 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:02:56 ID:1t1
>>38
竹しか食べさせてないパンダの糞はすごく香りがいいらしいよ。
日本でもウグイスの糞は昔から香水にしてきたしね




45 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:11:40 ID:E0L
>>41
それは興味深いですね
あとでググってみますよ
勉強になりました
ありがとうございます
ジャコウネコの糞や分泌物を原料にするのも相当変ですからね
小型犬は肛門を絞って臭い液を出すけど
それと同じようなもんを原料にしてるわけで
ちなみに中型犬以上にでかいイヌは
肛門絞りは要らないそうです
排泄の時に臭い液も同時に出すくらい肛門力が強いので






40 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:00:55 ID:E0L
タピオカの原料はキャッサバというイモ

禾穀類(イネやムギなどの実を食べる穀物の総称)の次に重要
もし存在しなければ途上国は飢餓で全滅する
それほど重要なでんぷん源はイモ類
日本ではゼリーみたいなデザートにしてしまうが
主食とする国の多くではジャガイモみたいに使ってる
フライにしたり茹でたりマッシュポテトみたいにしたり
有毒な種類が大半なんだけど毒があったほうがいいのね
主食にしてるのは資金もインフラもあまりない途上国
当然だけど農薬を買ったり電気柵を設置したりするのは難しい
そもそも電気が通ってない地域も多いし
そんな環境で毒草は植物が自己防衛してくれるから栽培が楽
水にさらすだけで毒抜きできるんだからコスパ考えるなら毒あったほうがいい




42 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:04:13 ID:1t1
>>40
タピオカ → キャッサバ → イモの根 → 片栗粉




45 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:11:40 ID:E0L
>>42
片栗粉ってでんぷんを含むあらゆる植物から出来ますからね
カタクリのでんぷんを使った片栗粉なんかほぼなくて
今はジャガイモなどのでんぷんを使ってますよ




46 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:13:30 ID:1t1
>>45
ほぇ〜、さすが!勉強になったww




47 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:17:19 ID:E0L
畜産の世界で謎とされるのは日本でロバが普及しなかった事

古墳時代の文献を調べるとロバが輸入された記録残ってる
江戸時代には何度も売ろうとした西洋人や中国人が現れた
それにも関わらず日本ではロバが普及してない
気候風土には合っているし粗食で育つから
日本のお国柄には合っている家畜なのに普及しなかった
推測だけど日本の在来馬がロバと性質似てるから
あえて導入する必要がなかったのだと考えられる
馬ならロバよりも足が速いですし




49 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:20:28 ID:1t1
>>47
馬で気になってたんですが、昔の戦国武将とか馬に乗って戦をしたり、生活に馬が身近にあったと思うんですけど、昔の日本はそこいらに野生の馬がいたのですか?




52 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:39:58 ID:E0L
>>49
ウマは戦国時代に実戦で使われていました
主に指揮官クラスの要人が乗っていましたね
速く移動できるし見つけやすいから
見つけやすいって遠距離攻撃がメインの現代戦ではデメリットしかないですけど
戦国時代は指揮官が無事であり何処にいるのか
前線まで知らせる必要があったわけです
ウマ以外にも旗を使ってましたけど
旗を持つだけが仕事のサムライもいましたよ
ただし騎馬隊を大規模に運用した話は後世の小説家などが創作したもんです
大量の馬を運用して下っ端まで使うなんて欧州でもやってません
騎兵は貴族や騎士といった上流階級の人間が中心でした
しかも日本はほとんどが山岳部なので大量の騎兵を運用する場所が少ないです
農業用ではウシもウマも使ってましたよ
エサや飼育法が違うし用途も多少異なりますけどね
荷物や人を載せる現代の乗物に例えると
ウマは速いバイクでウシが大量輸送に適したトラックですかね
両方とも耕作や重量物牽引には使われていました
ただしウシの方が主流だったようです
飼育が簡単ですし気性も扱いやすい個体多いですから
ドーベルマンは優秀なイヌですが警察犬に使うケースは減っています
イヌ自体のスペックはジャーマンシェパードより上なんですけど
人を選り好みするので嫌いな職員は完全無視で誰でも使えるイヌにならんので
動動物を使役するなら気性を考えなくてはなりません




50 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:23:07 ID:uOS
馬が武家のモノだったって文化的背景もあるんじゃねーの(´・ω・`)?
乾田馬耕とかゆってるけど実際農業で活躍したの牛さんやん(´・ω・`)。




51 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:29:26 ID:E0L
チューリップバブルの恐ろしさ球根一個と豪邸の値段は同じ場合も

オランダでチューリップバブルという現象が起きました
チューリップが大流行した結果
投機対象となり球根一個が現代の貨幣価値で1億円くらいの値段で取引される事も
昔から高い商品って今でも高い事が多いんですよね
貴金属や宝石はそうですし
最高の職人芸を駆使した時計だとかカラクリ人形だとかオルゴールも高い
家一軒分もするチューリップが今では数百円で買えたりしますから
バブル経済が愚かである事が理解できるんだけど
本当に恐ろしいのは
こういう歴史からバブル経済を学ばずに何度も失敗している人間の愚かさだね




53 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)14:44:56 ID:E0L
イタリアでは鶏卵をあまり使わなかったけどカルボナーラを普及させて変えた

アメリカが普及させて食習慣を変えた
カルボナーラってローマとその近郊のローカル料理だった
他の地域では欧州の他国ほど卵を使わなかった
それをアメリカがカルボナーラをイタリア全土に普及させて変えたんです
アメリカは卵を大量生産しており
当時は輸出先を探していた
商売のために食習慣を変えてしまった
日本の給食に牛乳が導入されたのもアメリカの政策で
余っていた脱脂粉乳を売り込むため
アメリカは商売上手で海外の文化を変えてまで売ろうとする
この積極性があるからGDP世界一なのかも




81 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)19:47:22 ID:bzW
>>53
奴隷売買をしていた頃にはパンの木を運搬していたね




82 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)20:01:37 ID:E0L
>>81
なんでも商売にするところと手段を選ばないところが
アメリカ様の怖いところです
今だってアメリカ資本のハゲタカ外資が世界中で暴れてますし




60 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)16:42:22 ID:E0L
アボカドの食物繊維はひとつの実がゴボウ1本分もある

歯ごたえないくせに食物繊維の量は多いです
店で普通に売られている野菜や果物のなかでトップクラス
他にも栄養価が高いので素晴らしい果物ですね
あらゆる料理に使えるので
アボカドを取り入れた食生活をすれば健康になれるかも




62 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)17:11:42 ID:hW9
コメはどの品種が好き?




61 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)17:11:06 ID:hW9
種のない果物は一世代で終わるの?




64 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)17:29:33 ID:E0L
>>61
コメの品種にはこだわりがないですね
そもそも独り暮らしなんでパンが主食ですし
種なしの作物には二種類あります
ひとつはジベレリンなどのホルモン剤を使って後天的に種無しの作物
これは種を採取する事もできますよ
もうひとつは種を作る遺伝子を交配により衰退させた先天的に種無しの植物
これは種を採取できませんが
接ぎ木や株分けといった無性生殖で増やす事は可能です

種無し植物で最古の作物はバナナだと考えられています
正確なことは古すぎて分からなのですが
5000年以上前の文献に種無しバナナが出てきますので
農耕による文明の黎明期かそれ以前に作られた可能性が高い
遺伝子解析と世界中からのサンプル採取で推測されてますが
バナナの原産地はマレー半島だと考えられています
種があるバナナや原種と考えられる植物がありますから
農業は植物採取に手間とリスクがあるから始まりました
山まで食物や薬草を採取に行くなら
その植物を自宅周辺に植えたほうが安全だし合理的ですよね
庭に出て摘んでくるだけでいいんですから
アフリカや東南アジアには
そういうスタイルの農業が未だにあるんです
人間は贅沢好きで面倒くさいの嫌いな生き物です
種無し個体は珍しくない突然変異なので
植物を身近に置くようになってすぐ作られた可能性は高いでしょうね
ちなみに植物を身近に置きたがるのは都会人だけではありません
ジャングルの奥地に住んでる未開人でも
村の中も外も植物だらけなのに
自宅に鉢植えを置いてる場合が多々あります
癒しや有益さを生物に求める
そういう生物をコントロール下に置きたいのは人間の本能かもしれません




63 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)17:27:23 ID:m07
柿は何で一本の木から採れる量が少ないのに面積を取っているの?
柿は安いはず




65 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)17:32:37 ID:E0L
>>63
果樹はあまり詳しくないんで知らないですけど
おそらく個体同士の距離が近すぎるとライバルを攻撃するからでは
競合する植物を排除する機能が植物にはあって
専門用語でアレロパシーといいます
除草にも利用されていますね
樹木はエネルギーを多く使うので草以上にアレロパシーがあるかもしれません




66 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)17:37:24 ID:E0L
イモを主食にしているアフリカ人は消化器系の癌にかかりにくい

穀類を主食にしている人々は
イモを主食にしている人々より胃癌などにかかりやすい
具体的には3倍も癌になりやすい
理由は食物繊維にあると考えられています
食物繊維を大量摂取すれば腸内環境がよくなるので




70 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)18:13:14 ID:m07
ほう?芋食うとオナラが出るのはいいことだとは昔の記憶




71 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)18:18:45 ID:E0L
>>70
イモを食うと屁が出るって
実は迷信なんですよね




67 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)17:55:42 ID:3in
おもしろいスレ
主は何歳?




68 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)17:56:17 ID:E0L
>>67
ありがとうございます
30代アラフォーです




69 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)18:02:50 ID:E0L
最強の生物農薬はスパイデックスという肉食性のダニ

スパイデックスは商品名ですね
生きたダニが瓶詰にされて売っている
狭すぎると共食いするんで中身スカスカに思われるほど大きなプラスチック瓶
生物農薬は法律上で農薬扱いなので
スパイデックスもダニなのに薬品扱いで売られている
成分表みたいのが瓶に貼ってあるけど原材料はダニと書いてある
主に密閉された施設園芸で使われている
屋外だと脱走してしまうので
屋内でハダニが発生すると逃げ場がないので
あっという間に建物内がダニだらけになる
逆に考えれば逃げられないのでスパイデックスからも逃げられないということ




72 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)18:21:55 ID:E0L
ドラゴンフルーツはサボテンの実だよ

薄味で水分ばかりだけど
冷房なしで砂漠の灼熱に耐える為
清涼感を得る果物として作られた
栽培してる農園の風景がキモすぎる
幽白の蔵馬が魔界から召喚した植物みたいのが並んでる
魔界のサボテンは気が荒い的な風景だ




73 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)18:26:25 ID:m07
ほう?お前本当に詳しいのか三時間くらいググったのか知らんが
面白いスレだな?ピーマンとか好物だわニンジンも
なんでそれらは嫌われてるんだろうか?




74 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)18:41:34 ID:E0L
>>73
大学出て10年以上経ってますから疑わしき部分はググって確認してます
子どもってエネルギーを消費するので本能的に甘い物を好むんです
これは大半の動物がそうだけど苦いモノは毒草や腐肉が多いので本能で避けます




75 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)18:46:59 ID:E0L
高級生地原料のアンゴラにはヤギとウサギがいる

アンゴラウサギとアンゴラヤギがいますね
どっちも高級品です
平均的収入の人は相当な奮発しないと買えない
カシミヤも高価な毛素材として有名
法律上の記述ではカシミアではなくカシミヤが正しい
この手の高級な毛を使った生地はとても軽い
コートなのに5万円前後はバッタもんだ
老舗のまともなブランドで買えばマフラーが5万円前後だし
本物を着た人なら感触と重さでバッタもんはすぐ判別できるよ




76 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)19:08:37 ID:m07
20年前ヨーカドーでカシミア10%も入ったコートが売られていたな?
10000円よ?安いか高いかは知らん




77 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)19:13:04 ID:E0L
>>76
そのくらいの値段と含有量なら妥当ですが入れても実用性はほぼないでしょうね




78 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)19:17:20 ID:lw2
野菜の保存方法 教エロ下さい




79 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)19:23:35 ID:E0L
>>78
常温なら漬物にするのが一番いいですね
保存食を作るポイント5つあります
1は酸素に触れないこと
2は含水率が少ないこと
3は浸透圧が高いこと
4は雑菌が入らないようにすること
5は酸性かアルカリ性にして雑菌の繁殖を抑えること
マヨネーズは酸素に触れない容器に入っており
水分はほとんど含んでいないので
普通ならすぐに腐る生卵を使用しているのに長持ちしますね
漬物は発酵しているので在来の菌が雑菌に対抗します
干物は含水率が低いので水分を必要とする雑菌が繁殖できません




80 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)19:31:34 ID:E0L
チーズは肉を買えない貧乏人が食べる保存食だった

今では肉より高級だが
かつては新鮮な肉が買えない貧乏人が食べるものだった
フランスのエポワスチーズは今でこそ高級品だけど
貧者の肉という渾名が今でも残っている
エポワスはウォッシュタイプチーズの有名なもので
酒で洗浄して足の裏に生息するリネンス菌を繁殖させる
アルコールに対する耐性があるから選択的に菌を増やせる
こういう技は世界中であるね
足の裏にいる菌が繁殖するので香りは蒸れた足と同じ
これをフランスでは神様の足の香りと表現している
余談だけどインドやアラブに発酵食品は少ない
乾燥地が多いから作りにくいという事もあるけど
宗教上の問題で発酵食品は不浄とされているから食べない
イスラム教徒は酒で洗ったチーズを食べないだろうね
酒に触れた食器や調理器具さえアウトなのだから




84 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)21:12:08 ID:bzW
>>80
チーズやバターを取る方に特化した方が地球に優しそう()




85 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)21:20:38 ID:E0L
>>84
乳製品は環境負荷が少ないですから
肉は売れるからいいんですけどね
欧州の皮革産業はマジでやばい
ドイツは排水の汚染を許さないから中小企業に高額な浄水器を買わせて倒産させた
イタリアは環境に優しい伝統製法を復刻させて努力してる
いずれの場合も儲からないので跡継ぎがいなくて老舗が廃業しまくってる
日本は部落の利権があるから安定してるけど
高級皮革を作ってるメーカーはどんどん潰れてる
エルメスやプラダみたいなトップブランドは自社で革屋さん囲ってるけど
そういうことやってると革財布ひとつ20万円みたいな商売になる




87 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)23:14:54 ID:bzW
>>85
廃用牛
乳臭くて美味しくないよね(´・ω・`)




88 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)23:17:53 ID:E0L
>>87
最近だと乳牛を美味く処理する方法も出て来てますよ
ただこれを悪用してる業者はいますね
国産牛ってあるじゃないですか
あれはほとんど乳牛であって黒毛和牛ではないんです
和牛は4種類の在来種しか名乗れない規則あるんで




55 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)15:20:48 ID:jAh
農業なんか
生まれが農家とかじゃないと縁がないよな




59 :名無しさん@おーぷん:2019/11/13(水)16:39:20 ID:E0L
>>55
新規就農者はほとんどいないからね
そのほとんどいない人の大半がリタイア後に半分道楽で始めた元ホワイトカラー
農学部卒でも家業継ぐ人以外は農家になる人なんかほとんどおらん
食品メーカーや公務員に行く人がほとんど
安定してるし地位もあるから当然な結果だけどね







過去の人気記事ランダムぴっくあっぷ
今週の人気記事一覧