youkai_kappa




1 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:10:27 ID:qbv
みんな作り話や勘違いとは思えん




ホントに昔は妖怪いたんじゃねぇの?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1488579027/



2 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:35:37 ID:kM0
妖怪はいないと思うが、
「妖怪に見えるモノ」はたくさんいただろうな
昔は医療技術なんて皆無に等しかったわけで、
骨折したりアレルギーやら蕁麻疹やら起こしたりした人間は、
治療できずにそのままだっただろうから




4 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:37:49 ID:ypS
実は現代に発見されてない絶滅した動物やその生き残りなんじゃね?





3 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:37:10 ID:uas
鬼も神も妖かしもいたよ
ランプの光にかき消されたらしいよ




5 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:44:36 ID:TNF
ツチノコという生物は存在しないな
ツチノコという妖怪は実在する!

ぬーべーが言ってた




6 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:46:36 ID:ypS
>>5
ツチノコてアオジタヘビ説あるけど
アオジタヘビって戦後だかいつだかから他の国から持ち込まれたらしいな
江戸時代の絵に今のツチノコと変わらないのがあるのはなぜなんだろうな





7 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:53:18 ID:NlZ
日露戦争に大タヌキ様が参戦したとか。




8 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:54:35 ID:PCn
事象に対して作ったもんやから全く無かったわけちゃうやろ
カマイタチとか有名やね




9 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:54:45 ID:ypS
あと鬼ってのも妖怪のパターンと非情な人間を指すものもあるしな
角のない鬼の絵はそういう人間の絵らしい





10 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:56:28 ID:j1F
真面目な話、障害者じゃないの?




12 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:57:15 ID:ypS
>>10
それもあるかもな、身体的な障害を持つ人が妖怪に見えたのかもしれん




19 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:11:05 ID:xq8
>>10
有ると思う。
一時期、目がすごく悪くなった時
鏡に映る自分の顔が「一つ目」や「のっぺらぼう」に
見えたから




20 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:11:32 ID:j1F
>>16
>>19
こういう「あるある」みたいなのが概念になったんじゃねぇの?




11 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)07:56:43 ID:NlZ
水木先生は死んだんじゃなくて、妖怪になって今でもどこかにいるような気がする




13 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:06:34 ID:U0B
解明出来ない現象の事を妖怪と言うからそういう意味ではいた。
寧ろ今も解明出来ない現象は妖怪って言っても良いと思う。
そもそも絵に表されたんが本当の姿って訳やなし。
音だけ感触だけやから現代だって見えないそういう事象を妖怪ってしてもええと思う。




16 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:08:58 ID:NlZ
>>13
妖怪「リモコン隠し」みたいなのか?




17 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:10:15 ID:ypS
>>16
家には妖怪 掛け布団が裏返しがいるわ




21 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:11:49 ID:U0B
多分、昔の人はほんま、そんな乗りで妖怪生んでたんやと思うで。
「小豆洗い」とかもあんなん、小豆を洗う音が川の方から聞こえる言うのが元やし。




22 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:13:09 ID:ypS
でも本当に生物的なものもあるんじゃない?さっき書いた絶滅動物とかUMAとか




23 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:15:49 ID:U0B
>>22
まぁ、それもあるわな。
貂とか雷獣とか。
今だったら下水で奇形が潜んでたらそうなりそう。




24 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:16:11 ID:NlZ
>>22
電気のない時代は夜の闇も深かっただろうからねぇ




25 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:19:19 ID:6rD
時々、芸能人とかが言う小さいおじさんも妖怪みたいな類だろ
小さいおじさんの本当の名前は「陰毛隠し」
本に挟まってたり、なんでこんなところに陰毛が?みたいなことは全部あの「陰毛隠し」がやってるんだ
一番驚いたのは部屋の吊り下げ電灯のカバーの上に陰毛があったことだな




26 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:28:09 ID:U0B
>>25
小さいおっさん大活躍やな…段ボール被る軍人なみのステルスや。




30 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:32:43 ID:6rD
俺は見たことないけど陰毛があらゆるところに落ちてるのは完全に妖怪の仕業だろ?




44 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:03:51 ID:xq8
>>30
静電気妖怪なめんなよww




31 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:44:42 ID:NlZ
陰毛はなぜ混入するのか?という学術論文見たことある。
毛髪に比べて
・平面なので接地面積が大きい
・カーブしていて3点で接地する
・水分量が多く、強靭
・帯電しやすい
・誰も触れていない、無風状態の時でも空気の乾燥とかで
 伸び縮みしてうねうね動く。
とか書いてあった。




32 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:46:06 ID:6rD
>>31
・誰も触れていない、無風状態の時でも空気の乾燥とかで
 伸び縮みしてうねうね動く。

これ、本当は陰毛自体が単体で生きてる可能性あるじゃねぇか
ススワタリって本当は陰毛の集合体の妖怪なんだな




33 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:47:12 ID:U0B
>>32
なればケセランパサランは…




35 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:50:35 ID:6rD
>>33
白髪の陰毛のみが集まってできた妖怪だからめちゃくちゃレアなんじゃないか?
年季を重ねた人たちのいろんな願いや思いが詰まった陰毛のみが集まってるから、願いが叶ったりするのかもしれん




37 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:54:47 ID:U0B
>>32
>>35
小さいオッサンが一生懸命製造してる図が浮かんでしまった…




34 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:47:16 ID:ypS
>>32
なんか馬鹿げてるけどマジに信じれてきたわ




14 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)08:07:22 ID:ypS
件とかも奇形の牛なのかな?




50 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:06:12 ID:R8K
一つ目小僧、三つ目小僧→奇形児。寺に捨てられたから坊主の格好で、長く生きれなかったから子供の姿。

河童→かわうそ。人間のように立って魚を食べる姿と、頭が濡れて皿のように見えた。

鬼→僧兵

天狗→外国人

件→奇形の牛。地震などが起こって牛がそのストレスで産んだので、「件が産まれると災害が起こる」と誤解された。




53 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:07:59 ID:ypS
>>50
件はなんか理にかなってるな




63 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:11:27 ID:j1F
>>50
これを見ると「知らないもの」=「恐怖」になるよな

俺たちが「黒人」の存在を知らなかったらやはりビビって人外扱いするのだろうか




74 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:15:29 ID:CBR
>>63
アンパンマンてそれを揶揄してるらしいよね
子供がインド人とか白人見るとカレーパンマンとか食パンマンに見えるらしい




69 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:13:52 ID:xq8
>>63
幼児の頃初めてみた外人が北欧の人で
顔が細くて、横から見たら平べったくて
エンゼルフィッシュだと思ったw




54 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:08:06 ID:U0B
「ぬりかべ」は天然ガスが由来とかあったよな。




55 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:08:22 ID:xq8
>>54
kwsk




77 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:16:25 ID:U0B
>>55
詳しくされたのでぐぐってみた。
掻い摘むと火山性ガスとか有毒なガスが窪地に溜まって其処を歩こうとすると息が苦しくなって足が止まる。
ガスは見えないから何かに押し返される、阻まれるって事で壁があるように感じる現象をいったのではないか。って話。




81 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:17:48 ID:xq8
>>77
ほ〜う。
そういう現象から来てる妖怪もあるのかもね




72 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:14:51 ID:E7N
子供同士で遊んでる時に子供の過失とかで別の子供が死んだ時に
罪の意識から解放するために天狗のせいだって言い聞かせてたんだって




59 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:10:40 ID:R8K
山姥は実在してたろうな・・・




96 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:31:24 ID:bSL
基地外とか外国人を妖怪と判断してた可能性は非常に高いと思う

妖怪垢舐めとか砂かけ婆とか子泣き爺とか




99 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:33:51 ID:xq8
>>96
外国のドワーフとかは
完全に子供のまま大人になれない病気の人だと
TVの番組見て思った




103 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:35:15 ID:bSL
>>99
海外である、神隠しで精神が子供のまま大人になったヤツとか
完全にキチガイ隔離してたけど隠しきれなくて解き放っただけなんだろうなと思うわ




98 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:32:50 ID:U0B
砂かけ婆は本来、木の上から砂が降ってくる現象やから、風で飛ばされた粉じんが鳥とかなんかの影響で偶々…やないかと思っとる。




100 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:34:12 ID:bSL
>>98
そもそも砂塵で失明するのが当たり前の世界だからな
風が吹けば桶屋が儲かるって話もそうだし




105 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:36:09 ID:NlZ
もう、今どきはないけど大昔は奇形の人が
大道芸人でまわってたからねぇ




108 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:40:18 ID:xq8
>>105
昔、見世物小屋の呼び込みで
小さいおじさんみたわ
本当に「親の因果が子に報い」っていうんだよね。
ティム・バートンの映画にはそういう人たちよく出てるね




112 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:42:35 ID:Zvr


http://open2ch.net/p/news4vip-1488579027-112-490x200.png




113 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:42:49 ID:CBR
>>112
ねこむすめカワイイ




119 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:47:22 ID:j1F
西洋人「見たことない奴らだ!化物だ!」(東洋人)
東洋人「見たことない奴らだ!妖怪だ!」(西洋人)

こういうこと?




123 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:49:48 ID:U0B
>>119
最近見たネタの中に落語話噺の一部で幽霊は美人の幽霊が多いってのがあって。
「美人は幽霊」
「ぶさいくは化けモノ」
ってのあったん思い出したわ。
後は
「西洋だと悪霊は悪魔の一種として幽霊にならん」
とか。




130 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:52:07 ID:j1F
>>123
同じ人外の類でもそこまで別れるのか
「妖しい」とはよく言った表現だな




131 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)09:53:00 ID:mAg
>>123
demonには悪霊というニュアンスもあるからな
鬼が元は霊とほぼ同義だったのと一緒や




137 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:00:09 ID:NlZ
インドネシアとかタイには日本で言う「妖怪」に近いものがいるとか
聞いたことあるな。




150 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:11:25 ID:j1F
>>137
調べたぞ

ポンティアナック 、クrンティアナンック
主に女子供の幽霊みたいだそうだ

なぜ、女子供に限定されるのは知らない




157 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:18:43 ID:j1F
ポンティアナックを調べる時に、あっちの変な妖怪が出て来たぞ
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/
ペナンガラン

幼い頃にインドネシアで見たマレー産B級ホラーが怖かったのが記憶に残ってる

こいつを目撃したら内臓を食われて、食われた奴は人に発見されてからも意識があったまま顔を真っ青にして苦しんで死ぬらしい

ひとうばんに似たなんかかもな




141 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:02:53 ID:mAg
妖怪や悪魔でメジャーな吸血っていう概念も東西問わず伝わってる。伝わってるのか、人間にそういう発想が潜在的にあるのか知らんが




144 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:05:53 ID:U0B
>>141
アーキタイプ理論やな。
離れた地域の人でもその根源的な思考は共有しとって似た様な神話が生まれるっいうやつ。




146 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:06:53 ID:mAg
>>144
竜とか鬼とか背中に翼とか、伝わったのか人類共通の発想なのかよう分からんわな




147 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:09:43 ID:CBR
>>146
ドラゴンはトビトカゲじゃね?
https://www.youtube.com/watch?v=ewCCwMC46Pk





149 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:11:17 ID:mAg
>>147
いや〜。恐竜の骨とかの方が怪しい
そういえば蛇の扱いも共通してミステリアスで面白い




156 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:16:43 ID:CBR
>>149
恐竜の存在が認められたのは比較的最近だけど
それより前からの龍の伝承と食い違うな ワニは居たけど




148 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:10:01 ID:U0B
日本だと天使は天狗に近くないだろうか、天狗言うても初期タイプの天ツ狗の方やが。
空飛ぶ何かが居たと思えてもおかしくないよな。




151 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:12:29 ID:CBR
>>148
あれは原始修験道の紐なしバンジー的な儀式見た里の人が空飛んでるとか思ったんじゃないの?




152 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:13:28 ID:U0B
>>151
あー、そういう考え方もあるか。紐なしバンジーって考えが先ず浮かばんからそういう怪しい者になったんかな?




154 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:14:50 ID:CBR
>>152
がけから飛び降りた所に突風食らって飛んでるみたいな絵面に
天狗じゃ!




153 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:14:49 ID:mAg
天使や天狗、悪魔の姿は流石に実在するにはぶっ飛んどるわ。まさに冒涜的というか
それこそ宇宙人かスピリチュアルの方面に食い込みそうな風貌しとるで




160 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:21:12 ID:j1F
絶滅危惧種でレアな生き物とか妖怪と思うよな
でけーーオオサンショウウオを現代でも見かけたら腰抜かすわ
今でも「放射能の影響だー」という人いるから昔は「神様がお怒りになったから現れたんだ!」という人いそう




194 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:50:41 ID:j1F
???「夜に口笛を吹くな」

ぼく「???」




196 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:55:32 ID:CBR
>>194
・悪魔(幽霊)召喚→霊障→死亡
・蛇が口笛の音に反応して青大将スネークカモン→噛まれて死亡
・口笛を符牒にしてた盗賊団→見たな!→死亡




198 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:00:10 ID:j1F
>>196
同じような理由を国外でも聞いたことあるんだよなぁ…
全世界共通なんか…




199 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:00:19 ID:U0B
>>196
夜に口笛を吹くと泥棒と蛇と幽霊が出るやな。
うちの方でも言われてたわw




200 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:04:55 ID:CBR
>>198 >>199
悪魔や幽霊が出るってのは比較的最近広まったのかもしれないという話もある 明治以降だったっけか
昔は場所によるけどサンカや獣を意味無く呼ぶから夜や山での口笛厳禁だったなんて話もあるそうだ




201 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:04:56 ID:oRE
夜の口笛って単にうるせえからしつけのために言ったのが広まったんでは




202 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:06:16 ID:U0B
>>201
まぁ、早く寝ないと連れてかれる系ではあるよね。
後はそれにもっともらしい後付け>>200を付けたって流れだと思う。




204 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:09:14 ID:CBR
>>202
しまっちゃうおじさんにしまわれる的な
真相は闇の中





206 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:10:43 ID:xq8
>>204
なつかしいな
ぼのぼのだっけ?




208 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:12:18 ID:CBR
>>206
そうそう あれも現代妖怪みたいなものだよな
https://www.youtube.com/watch?v=DMhyYuUNdio





205 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:10:10 ID:j1F
妖怪の話と近いようで遠いような
どれも興味深いが




215 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:17:15 ID:oRE
寝太りという妖怪なんて明らかにグータラ妻を茶化しただろwwwwww




217 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:19:30 ID:CBR
>>215
何かの病気じゃなかったっけ?




221 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:23:49 ID:U0B
>>217
象皮病?




225 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:29:33 ID:CBR
>>221
ぞうひびょうは大嚢じゃなかったっけ




228 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:37:34 ID:U0B
>>225
寄生虫じゃなかったっけ?
と思ってwiki調べたら寄生虫の感染が原因でなんやかんやだった…
大嚢が起きるんかまでは良く分からんかったわ…




232 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:43:12 ID:NlZ
>>228
目黒の寄生虫館行ったら、この画像が展示されてたw
寄生虫で金玉が異常に肥大した人の絵らしい。




233 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:43:33 ID:NlZ

http://i.imgur.com/XMRQS8r.jpg




235 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:46:20 ID:CBR
>>228 >>232 >>233
そうそう んでこのバンクロフト病でリンパ管がやられた結果後遺症ででるのが象皮病





219 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:22:32 ID:oRE
>>217
糖尿だったりじゃね?
でも今でいうトドみたいな感じで茶化してたと思う




223 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:24:41 ID:CBR
>>219
糖尿もあるんだろうけど満月病じゃなかったかって話がある
http://www.weblio.jp/content/%E6%BA%80%E6%9C%88%E7%97%85
そもそも江戸の頃の生活じゃバカ食いしても脂つかないし脂つくほど食うには莫大な金がかかるし




226 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)11:29:54 ID:NlZ
>>223
江戸時代は本当に不思議
足の不自由な人でも車椅子があったとか、
時代的にそういうのってあり得るの?と。

http://i.imgur.com/41sPoms.jpg




244 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)12:04:12 ID:CVZ
江戸時代の娯楽モノはほぼ現在と変わらない
江戸時代物の妖怪は当時のピカチューなんだよ
それと並行して本物の妖怪も居たと思うな、そして今も居る




161 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:21:33 ID:NlZ
会社勤めを長くしていて
「あれ!?この女の子、座敷童じゃね?」というのを
マジで1人だけ見たことあるわ。
その女の子が入社して、退職するまでの一瞬だけ
会社の業績がめちゃくちゃ好調だった。

あの女の子を嫁にした男は多分いまも絶好調のはず。




162 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:22:57 ID:CBR
>>161
嫁さんにゲットした人はさぞ豪運でしょうなぁ 羨ましい
俺が見たのは逆パターンだな リアル貧乏神




165 :名無しさん@おーぷん:2017/03/04(土)10:24:26 ID:U0B
>>162
貧乏神も祭れば富をもたらす言う話あるで。






過去の人気記事ランダムぴっくあっぷ
今週の人気記事一覧