0 :ハムスター2ちゃんねる 2015年04月10日 08:25 ID:hamusoku
 「世界の子どもたちにワクチンを届けよう」と呼びかけ、ペットボトルのキャップのリサイクルを進めるNPO法人「エコキャップ推進協会(エコ推)」(本部・横浜市)が2013年9月以降、キャップの売却益があるにもかかわらず、ワクチン代に寄付していないことが分かった。今も同じ呼びかけを続けており、寄付を受けてきた団体から疑問の声が上がっている。

 矢部信司理事長は9日、朝日新聞の取材に事実関係を認め、「(キャップを集めている協力者を)裏切り、申し訳ない」と話した。今後の活動方針は近くホームページで明らかにするとした。


AS20150409005118_comm


エコ推は08~11年には元連合会長の笹森清氏(故人)が理事長を務め、活動は全国の学校や自治体、企業・労組、市民団体に拡大。これまで8万5千以上の個人・団体が122億個以上のキャップを集めた。JCVによると、12年は2700万円、13年は8月末までに3500万円の寄付をエコ推から受けた。

 エコ推の事業報告書によると、13年度(13年9月~14年8月)も売却益など約9千万円の寄付収入があった。また、キャップを集めた学校などには、ワクチンへの活用を示唆する「ワクチン○人分」と記載した受領書を今も渡している。

 矢部氏は、寄付をしていない理由について「障害者施設と連携してキャップのシールをはがしてもらうなど、リサイクルの仕組みづくりに集中しているため」と説明。職員の待遇改善も進めたという。

http://www.asahi.com/articles/ASH495W6ZH49OIPE01Y.html




1 :ハムスターちゃんねる2015年04月10日 08:26 ID:gcVPqtdA0
社会貢献しないNPOなんて炒飯飯抜きだろ






3 :ハムスター名無し2015年04月10日 08:27 ID:ZcaF7TyF0
知ってた






4 :ハムスターちゃんねる2015年04月10日 08:27 ID:KjXauTQ70
くさってんな





続きを読む