0 :ハムスター速報 2015年11月11日 11:07 ID:hamusoku
上級国民 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/上級国民

削除


上級国民(じょうきゅうこくみん)とは、一般国民と対をなす、日本国民の身分を表す概念のひとつである。 2015年度ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされている

成立の経緯[編集]
この言葉は2015年9月1日以後に、インターネット上で急速に広まった言葉である。それ以前の使用例は皆無に等しい。
この言葉が生まれ、広まった背景としては2020年東京オリンピックエンブレムに関する騒動がある。2015年7月、多数の応募作品の中からデザイナー佐野研二郎によるエンブレム案が採用されることが発表された。しかしその後このエンブレム案について、海外の劇場ロゴで先行する類似したデザインが使用されていたことが判明し、盗用ではないのかという疑惑が持ち上がった。

永井審査委員長はですね、私はこれについて、「どういう風にお考えになりますか?」と伺ったところ、

『ここまで色々な形で問題となった時に、一般の国民の方々が、今のような説明で本当に納得されるかどうかということについては、現状、問題があるかもしれません』
と。これは永井さん自身のお話でありました。
『残念ながら、自分のこのような説明、それから佐野さんの説明は、専門家の間では十分分かり合えるんだけれども、一般国民にはわかりにくい、残念ながらわかりにくいですね』
という話が、ありました。

出典:[2]
この会見以降、インターネット上で「お前たちは一般国民ではないのか」「デザイン業界の人間は一般国民ではないのだな」という批判が広まり、ここに上級国民という言葉が誕生した。 なお、一般国民に対して「上級」という言葉が採用された背景には、上記の会見において語られた「一般国民」という言葉がどこか上から目線に感じられたことがあると考えられる。



上級国民 - ノート
ケースE。Wikipedia:削除依頼/上級国民で特筆性無しとして一端削除されましたが、ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされたことを受けて再立項されたようです。しかし現時点ではノミネートされただけで受賞したわけではありません。また、概要部分は出典が提示されておらず独自研究の疑いも濃厚。

・削除 依頼者票。--愛されて100年コストパフォーマンス抜群(会話) 2015年11月10日 (火) 13:46 (UTC)

削除ケースE。独自研究の塊ともいうべき記事内容であり、作成者が特筆性を主張するところの流行語としての「上級国民」と当該記事に長々解説されている身分制度云々との間にほとんど関係性がありません。たまたまある事件の当事者が不用意な発言をして突っ込まれたというだけの話。ウィキペディアに掲載する価値無し。
https://ja.wikipedia.org/Wikipedia:削除依頼


2015流行語大賞ノミネートの数々が大して流行していない件wwwwww
http://hamusoku.com/archives/9074653.html






1 :ハムスター名無し2015年11月11日 11:08 ID:w33v8.sm0
流石上級国民様はやる事が違うな~(白目






3 :ハムスター名無し2015年11月11日 11:09 ID:7E5f0niP0
そもそも流行語大賞って広告代理店が決めるもんでしょ
自演乙だから意味ないよなー






4 :ハムスター名無し2015年11月11日 11:09 ID:WXfGL9aI0
言論弾圧が起きているぞ、早くしばき隊さんやシールズさんは抗議してくださいよ




続きを読む