0 :ハムスター速報 2016年10月04日 11:25 ID:hamusoku
・本当に役に立つ事は10年後20年後100年後かもしれない
・社会が将来を見据えて科学を1つの文化として認めてくれるようにならないかと強く願っている
・「なんで?」を大事にする人・子供たちが増えてくれたら日本の将来の科学も安泰だ

Ct2w0S6UEAIkfck


Ct2w1gAUMAAufNA


Ct2w4MKUAAA4QP3






ノーベル賞に決まった大隅さんが、会見で基礎研究の重要性を訴えたコメント
オートファジーが必ずがん(の解明)につながるとか、寿命の問題につながると確信して始めたわけではない。基礎的な研究というのは、そういうふうに展開していくもの。基礎科学の重要性をもう一度強調しておきたい。

私は大変に憂えていて、サイエンスは「どこに向かっているか」が分からないのが楽しいところで、そういうのが許される社会的な余裕が必要と思う。「これをやったら必ずいい成果につながる」というのは、サイエンスの分野では難しい。

少しでも社会がゆとりを持って基礎科学を見守っていただけるようになってほしいと常々思っていて、その努力を私もしたい。「役に立つ」ということが、とても社会をだめにしていると思っています。

科学で役に立つことが、「数年後に起業できる」と同義語のように使われることが問題だと思っています。将来を見据えて、科学を一つの文化として認めてくれるような社会にならないかなと強く願っています。





ノーベル賞の中継見てたけど、教授が必死に基礎研究の一見役に立たなさと研究予算の無さを主張してたのに、アナウンサーが「とても嬉しそうでしたね」の一言で纏めてたのが印象的だった






1 :名無しのハムスター2016年10月04日 11:26 ID:4xKX3Kd20
オリンピックに無駄金を費やしてないで、その3分の1でも基礎研究に回して欲しいンゴ…






2 :ハムスター名無し2016年10月04日 11:27 ID:UQyG05YZ0
継続は力なり






3 :ハムスター名無し2016年10月04日 11:27 ID:GWKclJ5g0
2番じゃだめなんですか?



こんなこという反日政党の国籍詐欺女がいる日本だもんなあ…







続きを読む