android-logo


0 :ハムスター2ちゃんねる 2015年07月28日 09:20 ID:hamusoku
Androidに最悪の脆弱性発見―ビデオメッセージを受信するだけでデバイスが乗っ取られる

相手のデバイスにメッセージを送るだけでできてしまう。アプリをダンロードさせることもメールを開かせることも必要ない。相手の電話番号さえ知っていればいい。それだけで、ジャーン! 相手の携帯の乗っ取り完了だ。

研究者によれば、おそろしいことに、これは映画ではなくて現実なのだという。大部分のAndroidデバイスがこの脆弱性を抱えている。

要点はこうだ。


Zimperium Mobile Labsのプラットフォーム侵入対策担当副社長、Joshua Drakeによれば、「95%のAndroidデバイスにこの脆弱性が存在する」という。
ハッカーは悪意あるコードを仕込んだビデオ・メッセージを送信する。このメッセージはAndroidのサンドボックスを迂回し、リモート・コードを実行する。この時点で攻撃者はストレージ、カメラ、マイクなどデバイスのほぼ完全なコントロールを得る。

このハッキングはStagefright攻撃と名付けられた。 StagefrightというのはAndroidがビデオを処理するメディア・ライブラリーの名前で、悪意あるコードはこの部分で実行される。

多くのAndroidのバージョンでは、デバイスはユーザーが手動でメッセージを開かなくとも、着信と同時に処理を始める。つまり悪意あるメッセージを受信しただけで乗っ取りの過程が開始されてしまう。

攻撃者は、理論的には、乗っ取りが完了したらメッセージ自体を削除してしまうことが可能だ。するとメッセージを受信したという通知以外には後に何も残らない。ほとんどのユーザーはこうした通知はスワイプして忘れてしまうだろう。

このバグはAndroid v2.2 (Froyo)で導入された。ZimperiumではAndroid 5.1.1 (Lollipop)までのすべてのバージョンでこの攻撃の有効性を確認した。その中でもJelly Bean (4.1)より古いデバイスがもっとも脆弱性が高いという。
良いニュースは、このバグはオンライン・アップデートでパッチ可能なことで、Googleはすでにそのパッチを配布ずみだ。

しかし悪いニュースは、このパッチの配布はそれぞれのデバイスのメーカーを経由しなければならないという点だ。つまり時間がかかる。Froyo、Gingerbread、Ice Cream Sandwich搭載のデバイスには長い間アップデートされていないものがある(11%近くのAndroid携帯がそうだという)。こうしたデバイスは最後までパッチを受け取れないかもしれない。


この攻撃に対してAndroidユーザーが身を守る方法があるかどうかは不明だ。もし何らかの方法があることが分かればすぐに紹介する。

http://jp.techcrunch.com/2015/07/28/20150727nasty-bug-lets-hackers-into-nearly-any-android-phone-using-nothing-but-a-message/






1 :名無しのハムスター2015年07月28日 09:22 ID:3P0N3lA.0
androidのワイ、死亡






2 :ハムスター名無し2015年07月28日 09:23 ID:rNJFrF.w0
マジで?ちょっとこれ怖すぎね?
はやく対応してくれ。






3 :名無しのハムスター2015年07月28日 09:23 ID:hXHOnIxv0
べ…別に中身をし…知られても困るわけではないし…(震え声)






続きを読む