2014012900007_1


0 :ハムスター2ちゃんねる 2014年3月14日 8:37 ID:hamusoku
 「STAP細胞」の論文に多数の疑問が指摘されている問題で、主要著者4人のうち理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーを含む3人が、論文の撤回に同意していることがわかった。複数の理研幹部が朝日新聞の取材に認めた。「生物学の常識を覆す」として世界中を驚かせた研究成果は、白紙に戻る公算が大きくなった。

 著者側から論文を撤回するには、最低でも主要著者全員の同意が必要。小保方さんの留学時代の指導教官だった米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授は反対しており、現在、CDB幹部が同意するよう説得しているという。

 STAP細胞論文は2本で構成され、著者は計14人。うち10人がCDBの関係者で、全員、撤回に同意の意向だという。主要著者4人のうち同意しているのは、小保方さんと、CDBの笹井芳樹・副センター長、前CDBチームリーダーの若山照彦・山梨大教授。

 論文が掲載された英科学誌ネイチャーでは、撤回にはすべての著者の同意が原則だが、主要著者全員の同意で撤回を申し入れることもできる。こうした申し入れで撤回を認めるかどうかは、個別に判断するとしている。また、著者側が論文を撤回しなくても、ネイチャー編集部が自身の判断で撤回することもある。

 複数の理研幹部によると、撤回の理由は、STAP細胞の存在や万能性の証明が科学的に不十分になってきたと判断したためという。マウスの血液細胞からSTAP細胞ができたとする証拠への疑問や、万能性を示す写真が小保方さんの博士論文から流用された疑いなどが指摘されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140314-00000006-asahi-sci




1 :ハムスターちゃんねる2014年03月14日 08:39 ID:WCrmz76n0
まだ撤回してなかったのか






2 :ハムスター名無し2014年03月14日 08:39 ID:faSkEiJ50
こいつのせいで韓国にすら馬鹿にされてるなwwwwwwwwwww






3 :ハムスター名無し2014年03月14日 08:39 ID:Qc3Rr99s0
早く本人が出て説明やら謝罪しないとまずいんじゃないか?



続きを読む