20120216_2447215


0 :ハムスター2ちゃんねる 2014年9月24日 14:35 ID:hamusoku
 富山県滑川市の上田昌孝市長が市議会で「晩婚化と(出産が)遅いほどDNAの傷から、なかなか健康な子供が産まれてこない」などと述べたとして、議事録から答弁の削除を求める勧告書を市議会が上田市長に提出していたことがわかった。

 上田市長は11日に行われた一般質問のなかで、市の人口減対策に関する質問に対し、晩婚化について「きわめて若い精子、卵子はDNAに傷がついていない。そういう若い精子と卵子から産まれた子供は非常に健康な子になっている」と述べる一方、「晩婚化と(出産が)遅いほどDNAの傷から、なかなか健康な子供が産まれてこない」「こういう夫婦間、あるいは男女間の問題にも触れながら進めるべき」と答弁した。


 議会運営委員会の高橋久光委員長によると、議会終了後、市議の一部から発言を問題視する声が上がった。

 22日の議会運営委員会と全員協議会で「晩婚や高齢出産の女性への配慮を欠く」として、答弁の取り消しを求める勧告を決定。


同日、岩城晶巳議長名で勧告書を市長に手渡した。上田市長は「個人を名指ししたわけではなく、削除する必要はない」と述べたという。

 高橋委員長は「公人の市長がすべき発言ではない。ここから先は市長個人の問題だ」と話した。

 上田市長は読売新聞の取材に対し、「誰かを名指ししたわけではなく、若いうちに健康な子供を産んでもらいたいという思いで発言した。撤回や謝罪をするつもりはない」と述べた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140923-OYT1T50095.html




1 :ハムスター名無し2014年09月24日 14:35 ID:rnFYcLoC0
もうヤダこの国…






2 :ハムスター名無し2014年09月24日 14:35 ID:CQRbftDo0
確かに事実を言っただけだよな……なのに何故噛み付かれなければならんのだ






3 :ハムスターちゃんねる2014年09月24日 14:36 ID:rhMDGAc70
なにが問題やねん



続きを読む