0 :ハムスター2ちゃんねる 2014年2月5日 13:35 ID:hamusoku
 東京電力が三十一日発表した二〇一三年四~十二月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が二千三百十三億円と三年ぶりに黒字に転換した。経常損益は千八百九十二億円の黒字。電気料金値上げで売上高が四兆八千一億円と前年同期比で10・8%増えたことが要因。ただ東電は柏崎刈羽原発(新潟県)が再稼働しない場合はさらなる値上げを示唆しており、東電を救うための利用者負担の「底」はまだ見えない

 一二年九月に家庭向け電気料金を平均8・46%引き上げたため、料金収入は前年同期より二千二百億円増加。さらに複数の発電所の修繕工事を先延ばしするなどして経費を減らし利益を稼いだ。一四年三月期も千三百四十億円の営業利益を確保する見通し。

 ただ、原発が稼働しない状況が続くと燃料費が高い火力発電所を中心に発電することになるため、東電は「再び赤字に転落し、福島第一原発事故の被災者への賠償資金が工面できなくなる」と主張。柏崎刈羽原発が再稼働できなければ、今年秋にも平均10%程度の料金値上げが必要だと主張している。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014020102000114.html



 東京電力は、2013年度から社員1人あたりの年収を今年度より46万円増やして571万円にする。全社員を対象にした「年俸制」導入にともなうもので、1千人以上の大企業平均より28万円高くなる。家庭向け電気料金の値上げの算定にも年収アップは織り込んでおり、利用者から反発が出る可能性がある。
 東電は福島第一原発事故の後、社員の給料や賞与をカットし、年収を平均700万円前後から20~25%減らした。家庭向け電気料金の値上げ申請では、12~14年度の社員の年収を平均556万円にしている。これは社員1千人以上の大企業の平均543万円に近い。
 ところが、12年度は夏の賞与を支給せずに平均525万円に抑えるかわりに、13年度からは平均570万円台に回復させるという。

asahi


http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20120602/1347528893




1 :ハムスターちゃんねる2014年02月05日 13:37 ID:OyPYxIA.0
まじしね。






2 :ハムスター名無し2014年02月05日 13:37 ID:Z.X3khI70
クズの盛り合わせだな






3 :ハムスター名無し2014年02月05日 13:37 ID:5Nr5WRiI0
さっさと潰せよ





続きを読む