ハム速トップへ

VIPetc!
今日のニュース

手記

太田出版社長・岡聡「犯罪者の本は社会的意味があるから出版したのに遺族から出版やめろと言われた。絶対にやめない!遺族の気持ちなんてどうでもいい!(金儲けがしたい!)」

0 :ハムスター2ちゃんねる 2015年06月17日 16:27 ID:hamusoku
『絶歌』の出版について

 2015年6月11日、太田出版は『絶歌』を出版しました。
 この本は1997年に神戸で起きた通称神戸連続児童殺傷事件の加害者である元少年Aが事件にいたる経緯、犯行後の社会復帰にいたる過程を自ら綴ったものです。
 なぜ遺族の了解を取らずに出版したのか、遺族の気持ちをどう考えているのか、なぜあのような猟奇的殺人者の本を出すのかなど、出版後、多くの批判をいただいています。


(中略)

 彼が類例のない猟奇的犯罪を犯しながら、比較的早い時期に社会復帰を果たしたのは、少年法が存在したからです。法により生きることになり、社会復帰を果たした彼は、社会が少年犯罪を考えるために自らの体験を社会に提出する義務もあると思います。

 彼の手記には今にいたるも彼自身が抱える幼さや考えの甘さもあります。しかしそれをも含めて、加害者の考えをさらけ出すことには深刻な少年犯罪を考える上で大きな社会的意味があると考え、最終的に出版に踏み切りました。

 本書の出版がご遺族の方々にとって突然のことであったため、あの事件をようやく忘れようとしているご遺族の心を乱すものであるとしてご批判を受けています。そのことは重く受け止めています。


 私たちは、出版を検討するにあたり、その点を意識しなかったことはありませんでした。本書がその内容よりも、出版それ自体の反響として大きくマスコミに取り上げられるであろうことや、それによって平穏へと向かいつつあるご遺族のお気持ちを再び乱す結果となる可能性を意識しました。
 それを意識しつつも、なお出版を断念しえず、検討を重ねました。

 出版は出版する者自身がその責任において決定すべきものだと考えます。出版の可否を自らの判断以外に委ねるということはむしろ出版者としての責任回避、責任転嫁につながります。
 出版後、ご批判の声が多数届いています。同時に「少年Aのその後が気になっていたので知ることができてよかった」「自分の息子が将来加害者の側になるのではないかと心配している。少年Aの心の動きを知ることができて参考になった」等のご意見も多数いただいています。

 私たちは、出版を継続し、本書の内容が多くの方に読まれることにより、少年犯罪発生の背景を理解することに役立つと確信しております。

 ご遺族にも出版の意義をご理解いただけるよう努力していくつもりです。


2015年6月17日
株式会社太田出版
代表取締役社長 岡 聡

20150611174420 (1)


20150611174429 (1)


http://www.ohtabooks.com/press/2015/06/17104800.html



太田出版、「絶歌」出版継続へ

 現在、被害者となった土師淳君(当時11)の父・守さん(59)は、同社に対して回収を求める申し入れを行っている。だが、岡社長は「出版は出版する者自身がその責任において決定すべきものだと考えます。出版の可否を自らの判断以外に委ねるということはむしろ出版者としての責任回避、責任転嫁につながります。私たちは、出版を継続し、本書の内容が多くの方に読まれることにより、少年犯罪発生の背景を理解することに役立つと確信しております」と、回収する意向はないことを示している。

http://news.livedoor.com/article/detail/10241775/





1 :ハムスター名無し2015年06月17日 16:29 ID:zCvPxDnJ0
引けに引けなくなった結果かー出版社も大変だな






2 :ハムスター名無し2015年06月17日 16:29 ID:ao4VJeCU0
この社長開き直りすぎてて草
太田出版が潰れるまで追い込まれろ






3 :ハムスター名無し2015年06月17日 16:29 ID:yemxdSAf0
死ね(直球)





続きを読む

酒鬼薔薇聖斗と太田出版が金儲けの為に遺族を無視して出版・炎上した件で太田出版がコメント「手記は貴重だから出版した」「遺族に許可取ろうとしても却下されるからスルーした」

0 :ハムスター2ちゃんねる 2015年06月15日 09:48 ID:hamusoku
神戸連続殺傷事件「元少年A」はなぜ手記を出したのか? 太田出版・編集担当者に聞く

1997年に起きた「神戸連続児童殺傷事件」の犯人男性(32)が6月10日、事件を起こした経緯やその後の人生をつづった手記を出版したことが、大きな波紋を広げている。

事前に出版を知らされていなかったという事件の遺族が、あいついでマスコミにコメントを発表。殺害された土師淳くん(当時11歳)の父親守さん(59)は「少しでも遺族に対して悪いことをしたという気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、本を回収してほしい」。

遺族に無断で本を発行したことなどについて、版元の太田出版(東京)には抗議の電話が殺到しているという。男性は今年3月、仲介者を通じて原稿を同社に持ち込んだというが、いったいどのような意図で出版に至ったのか。
編集を担当した太田出版取締役の落合美砂さんに話を聞いた。


——原稿を受け取った立場として、どういう意図で出版に応じたのでしょうか。

「彼のような少年が起こした事件について、少年審判が始まってから後のことは、審判の過程も含めてあまり公表されていません。また、社会復帰をしたあと、どうなっているかということも、ほとんど語られていません。

少年事件の当事者が、きちんと自分の言葉で、そうしたことを語ったというのは、初めてだと思います。その手記はやはり貴重なのではないかと思いました。

——本を出版したことに対する反応、批判は、本人にも伝わっているのでしょうか?

「本が出て以降、出版社側からは、事務的な連絡以外はしていません。あんまりいろいろ連絡をしたりすると、それによって彼の居場所が分かったりするのはよくないので、基本的に刊行後はできるだけ接触は避けています」

——いま、こういう状態になっていることは、本人もおわかりにはなっているのでしょうか。

「それは、テレビやメディアは見ているでしょうから、分かっていると思います」

——コメントを出す予定は?

「それはないですね。取材を受ける予定は一切ありません。この本そのものが、彼自身の考えなので。これ以上コメントを出すということはないと思います」

——遺族には、すでに本を送られたのでしょうか。

「本人は、出版について事前には連絡しないと決めたときに、事後報告になってしまったことと、本をどうしても出さなくちゃいけなかったというお詫びの手紙を付けて献本すると言っていました。

ただ、彼自身にも遺族の方々の連絡先は分からず、仲介の方を通じてということだったので、実際に届いたかどうかの確認はできていないと思います」

——彩花ちゃんのお母さんは「何のために手記を出版したのか本当の動機が知りたいです」とコメントを発表されました。彼は本当は、どういう気持ちで本を書いたのでしょうか。そして、それを発表しなければならなかった理由は、どこにあるのでしょうか?

「私はこの手記全体が、遺族の方々、いろいろな彼を支えてきた人、あるいは自分の家族への長い手紙というか、支えてくれた人にはお礼の手紙であり、遺族の方々にはお詫びの手紙として書かれたものだなという気がしました。」

——ご遺族に事前に説明がなかったのは、なぜですか?

「彼としては、許可を求めても、却下されるだろうということもあったのだと思います。土師さんの気持ちを裏切ることになるというのが分かっていても、出したかったということだと思うんですよ。


本を出すことによって、自分の家族も、遺族の方々も、彼自身も、再び注目を浴びます。それこそ彼自身にとっても、今どこにいるかを探されたりとか、いろんな危険性もあるし、人を傷つけるということも可能性としてはあるという話をしたのですが、やはり『どうしても出したい』ということで、こういう形になりました」

http://www.bengo4.com/other/1146/1307/n_3240/


20150611174420


20150611174429




2 :名無しのハムスター2015年06月15日 09:50 ID:qIqGTIHd0
出版社もクズじゃねーか






4 :ハムスター名無し2015年06月15日 09:51 ID:HPwXhhmr0
下種の詭弁






6 :ハムスター名無し2015年06月15日 09:51 ID:oecfAyxl0
太田出版、てめーだけは許さないわ

倫理もくそもねーな






続きを読む

酒鬼薔薇聖斗の手記の内容がひどい「被害者を傷つける事はわかってるけど書くわ」「本を書く以外に生きる手段がない」金の為に酒鬼薔薇聖斗と太田出版は遺族を無視して出版か

0 :ハムスター2ちゃんねる 2015年06月10日 1105 ID:hamusoku

z18koJf

中略
k0s2SDv


 神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、加害男性(32)が「元少年A」の名で手記「絶歌」(太田出版)を出版したことが10日、分かった。事件を起こすまでの経緯や社会復帰後の生活、現在の心境などをつづっている。

 全294ページの2部構成で、太田出版の岡聡社長によると3月上旬、加害男性と直接会う機会があり、既に書き上げていた原稿を見せてもらったという。岡社長は「彼の心に何があったのか社会が知るべきだと思い、彼自身の詳細な記憶力や表現力も合わせて出版を決めた」としている。

 男性は14歳だった97年2~5月に小学生5人を襲い、小学4年の山下彩花ちゃん=当時(10)=と小学6年の土師淳君=同(11)=を殺害、2人にけがを負わせた。手記の中で、家族関係など生い立ちや事件前からの性衝動を告白。2004年に関東医療少年院を仮退院した後、溶接工や日雇いアルバイトで身元を隠して生計を立てたことなどを記している。

 彩花ちゃんの母京子さん(59)は、神戸新聞社に「私たち遺族や被害者が最初に知るべき重要な事柄が、間接的な形で知らされたことは非常に残念」とのコメントを寄せ、「自分の物語を自分の言葉で書きたかったのなら、日記のような形で記し手元に残せば済む話」「(出版の)動機が知りたい」とした。

 淳君の父守さん(59)は「遺族としては彼が(手記を)メディアに出すようなことはしてほしくないと伝えていたが、思いは完全に無視された。なぜさらに私たちを苦しめるようなことをするのか理解できない」とし、「今すぐ出版を中止し本を回収してほしい」とコメントした。


http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201506/0008109755.shtml




1 :ハムスター名無し2015年06月11日 11:08 ID:IU3NXqda0
死ね(直球






2 :ハムスター名無し2015年06月11日 11:09 ID:3HvlC.4t0
これ、気分悪い話やなぁ
出版社も少年Aも・・・






3 :名無しのハムスター2015年06月11日 11:09 ID:LzP3dsFM0
犯罪者が本出せば売れると判断したわけか




アマゾンランキング1位になった模様
絶歌 単行本

元少年A (著)
amazon






続きを読む
スポンサードリンク
ハム速twitter・連絡先
ハム速twitter:フォローしますよん

347_1 メールフォーム:広告問い合わせ・ネタ投稿
スプラトゥーン2
ハム速もやるで!

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
フィギュア
スポンサードリンク
スポンサードリンク
livedoorニュース
カテゴリ別アーカイブ
感謝
当サイトではいらすとやさんの画像を多数使わせて頂いております。 この場を借りて感謝とリンクを貼らさせて頂きます いらすとや

アクセスカウンター
  • 累計:

連絡先
当サイトに掲載されている画像等において、著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。迅速に対応いたします
メールフォーム

アクセスランキング