159251


0 :ハムスター2ちゃんねる 2014年12月19日 9:31 ID:hamusoku
倉敷市立小学校で11月、校庭で遊んでいた岡山市、中学3年女子(14)が鉄棒から転落して死亡する事故があり、学校側が安全管理を怠っていたとして、両親が国家賠償法に基づき、倉敷市に慰謝料など約9千万円を求める訴訟を起こすことが17日、関係者への取材で分かった。近く岡山地裁に提訴する。

 訴えなどでは、女子は11月8日午後6時ごろ、友達3人と校庭に入り、1人で鉄棒の棒の上に乗って遊んでいた際、誤って転落。鉄棒の支柱上部で胸を打ち、胸部に衝撃を受けることで心臓が停止する「心臓振とう」のため死亡した。

 支柱上部に突起状のボルトがあったことから、両親側は「鉄棒は多くの子どもが使うという点を重視し、ボルトにゴム製のふたをしていれば死亡に至らなかった」と主張。当日は土曜で教職員が不在だったといい「校庭に子どもが入れる以上、管理者を配置すべきだった」としている。


 父親(53)は「同様の悲劇が二度と起きてほしくないとの思いから訴訟を決断した」、代理人の作花知志弁護士は「学校による現状の安全管理が本当に適切なのか、司法に問いたい」と話している。

 倉敷市教委指導課は「学校の安全管理に問題はなかったと考えているが、訴状が届いていないので詳しいコメントはできない」としている。

http://www.sanyonews.jp/article/110122/1/





2 :ハムスター名無し2014年12月19日 09:33 ID:rejrONNo0
ワロタww






3 :ハムスター名無し2014年12月19日 09:33 ID:hnOu9hoR0
死亡してるんだから気持ちはわからなくはないなぁ…







5 :ハムスターちゃんねる2014年12月19日 09:33 ID:sAhLCPV00
ひえええこんなやつおるんやな




続きを読む