0 :ハムスター2ちゃんねる 2015年06月25日 15:32 ID:hamusoku
「バケモノの子」楓役の広瀬すずの降板

このたびあるTV番組で広瀬すずの撮影スタッフへの職業差別発言が問題となりました。「どうして生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」、「なんで自分の人生を女優さんの声を取ることに懸けてるんだろう?」、「きっと大人になって年齢を重ねると共に、本当に…声を録るだけでいいの?」など、現場をささえるスタッフを蔑視した発言を繰り返しました。この問題はまたたく間に各方面で波紋を広げ、後日広瀬すず本人が謝罪する事態にまで発展しました。


 広瀬すずは細田守監督の「バケモノの子」においてヒロインの楓役をつとめることが発表されています。TV番組以上に、たくさんのアニメーターや美術スタッフたちが関わる共同作業であるアニメーションという仕事において、このような人物が声優をつとめるのは不適切ではないでしょうか。総勢数百人のスタッフが数年間かけて作り上げるのが日本のアニメーションです。しかし、いくら現場スタッフが努力に努力を重ねてすばらしい作品を作ったとしても、そうした地道な仕事を軽蔑する人間が声優をすることで、すべてを台無しにしてしまうおそれがあります。

作品の表看板としてクローズアップされる女優、声優という仕事だからこそ、現場スタッフたちの地道な努力を代表して作品の魅力をひろくアピールしてほしい。しかし、チームメイトであるはずの現場スタッフを人生を無駄にしている人として蔑視している広瀬すずにはそれができません。

 また、広瀬すずは声優としての経験はまったくなく、「バケモノの子」についても「広瀬すずの声に違和感があった」という報告がすでに寄せられています。声優は声こそが命です。しかし、広瀬すずは声を録音するスタッフにたいして「人生を棒にかけている人」、「大人になって年齢を重ねると共に、本当に…声を録るだけでいいの?」など、あまりにも無神経な侮蔑発言をあびせています。

こうした信じられない職業差別などプロフェッショナルとしてあるまじき言動を繰り返し、声優としての素質にも疑問がある広瀬すずをわざわざヒロイン役に起用する必要はあるのでしょうか。今からでも遅くはありません。適切な声優へ交代すべきではないでしょうか。

 以上のことから、7月11日公開予定の「バケモノの子」のヒロイン楓役の広瀬すずの降板と適切な声優への交代を求めます。

広瀬すず


「バケモノの子」楓役の広瀬すずの降板





2 :ハムスター名無し2015年06月25日 15:34 ID:omtYa7Tq0
どうして生まれてから大人になった時にあんなことを言おうと思ったんだろう?






3 :名無しのハムスター2015年06月25日 15:34 ID:j9KdnE3X0
こいつの性格バケモノだから続投でいいよ






4 :ハムスター名無し2015年06月25日 15:34 ID:eYpmqtCt0
声を録るだけの人生でいいの?





続きを読む