0 :ハムスター速報 2016年07月05日 10:04 ID:hamusoku
一部のiPhone6s/6s Plusに筐体が腐食する問題が発生しているようです。理由は筐体に用いられているアルミニウム合金です。

iPhone6s/6s Plusからは「ベンドゲート問題」を解決するため、強度が6/6 Plusの2倍以上である7,000番台のアルミニウムが筐体に使用されています。

実は7,000番台のアルミニウムは、航空関係にも使われるほどの強度を誇る合金である一方、亜鉛の含有率が比較的高いため、同じような合金の中では最も酸化しやすいという欠点を持ち合わせています。そのため、湿度の高いところで用いると腐食する速度が速まってしまうのだとか。


iphone2


iphone3


iphone4



もちろん、アップルもこういった特徴は把握しており、iPhone6s/6s Plusの表面は酸化を防ぐためのレイヤーで覆われています。しかし、実際にこうして多くのユーザーから問題が報告されているところをみると、必ずしもすべてのiPhoneに効果が出ているわけではないようです。

なお、アップルによれば、現時点でこの問題を解決する方法はないとのことです。

http://iphone-mania.jp/news-123653/





1 :ハムスター名無し2016年07月05日 10:05 ID:0qaXW.rs0
毒りんご化待ったなし






2 :名無しのハムスター2016年07月05日 10:06 ID:ArRO4LhI0
腐ったリンゴやね






3 :名無しのハムスター2016年07月05日 10:07 ID:8ov7.EdS0
毒をくらわば壊死量まで





続きを読む