ハム速トップへ

VIPetc!
今日のニュース

著者

ノストラダムスの大予言の著者が謝罪「子供たちには謝りたい。子供が読むとは思っていなかった。」

f0a92e6c




続きを読む

【すべてがFになる】著者・森博嗣さんが作家として稼いだ19年間の総収入が凄すぎると話題に

binary_code


0 :ハムスター速報 2016年1月5日 15:09 ID:hamusoku
 『作家の収支』(森博嗣/著、幻冬舎/刊)は、そのタイトル通り、ひとりの人気作家がその収支状態を包み隠さずに語った一冊。本書によれば、森さんは19年間の作家活動を通じて、なんと15億円の収入を得たそうだ。

■『すべてがFになる』は時給100万円
 本書によれば、森さんが最も多くの印税を稼いだ作品は『すべてがFになる』(講談社/刊)。森さんのデビュー作にして、ノベルス版(いわゆる新書サイズの本のこと)が累計13万9600部、文庫版が累計63万部というヒット作だ。
 では、このヒットにより、森さんにはどれほど儲かったのか。この作品の印税は10%(ただし、刊行したのが単行本なのか文庫なのかなどによって、印税は変動する)だったため、ノベルス版で約1400万円、文庫版で約4700万円の収入を得たそうだ。


 またさらに興味深いのは、森さんはこの作品に要した作業時間を詳細に明らかにしている点。「この作品の文字数は18万文字くらい。ゲラ校正などを含むと、60時間ほどが制作時間になった」といっており、総収入から逆算すれば「時給は100万円」になるそうだ。とんでもない額である。

■額としてはばかにならない雑収入
 作家にとっての収入は印税だけではない。他にも様々な「雑収入」がある。
 『すべてがFになる』は2014年にドラマ化がなされているが、小説作品がドラマになった場合、著者のもとには著作権使用料という形でお金が入る。ちなみに、1時間の放映に対して50万円が相場。したがって、連続ドラマであれば結構な額になる。
 またさらに、映像作品がDVD化されたり、関連グッズが販売されたりすれば、それに対しても印税が発生する。つまり、ある作品がヒットすればするほど、「雑収入」は雪だるま式に増えていくのだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/11025753/




1 :ハムスター名無し2016年01月05日 15:10 ID:SDgzTIRh0
凄いの一言だわw






3 :ハムスター名無し2016年01月05日 15:10 ID:lWMyXUcH0
そりゃ大学辞めるよねぇ






4 :名無しのハムスター2016年01月05日 15:11 ID:LFaWhDr40
まあヒット作を書ける人は少ないし妥当





続きを読む
スポンサードリンク
ハム速twitter・連絡先
メールフォーム:広告問い合わせ・ネタ投稿
スプラトゥーン2
ハム速もやるで!

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
スポンサードリンク
スポンサードリンク
livedoorニュース
カテゴリ別アーカイブ
感謝
当サイトではいらすとやさんの画像を多数使わせて頂いております。 この場を借りて感謝とリンクを貼らさせて頂きます いらすとや

アクセスカウンター
  • 累計:

連絡先
当サイトに掲載されている画像等において、著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。迅速に対応いたします
メールフォーム

アクセスランキング