fnn1



0 :ハムスター速報 2016年1月29日 19:00 ID:hamusoku
 東京都大田区の自宅マンションで、母親(22)の交際相手から虐待を受けた新井礼人(あやと)君(3)が死亡した事件で、傷害容疑で逮捕された暴力団組員、永富直也容疑者(20)が、礼人君を病院に連れて行こうと母親から提案された際、「顔のけがのことも聞かれるぞ。おまえも一緒に居たのだから捕まる」と制止していたことが、警視庁大森署への取材で分かった。同署は永富容疑者の発言が通報の遅れにつながったとみている。

 大森署によると、母親は暴行後に礼人君の容体を心配したが、永富容疑者は「(礼人君は)呼吸をしているし、大丈夫だ」と言ったという。

母親は当初、救急隊や医師に「近くの公園の滑り台から落ちてけがをした」と説明していたが、現在は「永富容疑者から『遊んでいる時にけがをしたと言え』と言われた」と話しているという。

ソース http://mainichi.jp/articles/20160129/k00/00e/040/234000c



関連記事:
195cmの暴力団員「ガンをつけた」3才児を殴るなどし逮捕「人生に悔いはない」などと意味不明な供述
http://hamusoku.com/archives/9157907.html
暴力団組員が3歳児をガラスケースに投げつけかかとおとし、ベランダから飛び降りや刃物で虐待して殺害「人生に悔いはない」
http://hamusoku.com/archives/9158616.html




3 :名無しのハムスター2016年01月29日 19:04 ID:3DAr67Xx0
キングオブクズ






4 :名無しのハムスター2016年01月29日 19:04 ID:Fbtr.h9f0
なんちゅう男だ…






5 :名無しのハムスター2016年01月29日 19:04 ID:huJsH3JZ0
悲しい世界




続きを読む