0 :ハムスター2ちゃんねる 2014年1月9日 10:07 ID:hamusoku
 東京電力は8日、福島第一原子力発電所の港湾や井戸で海水や地下水を採取して調べている放射性ストロンチウムの濃度について、「測定結果に誤りがある可能性があり、公表できない」と発表した。

 海水などは定期的に採取して汚染状況を監視することになっており、放射性セシウムなどは毎週、濃度を分析して公表している。しかし、汚染水に含まれる主要な放射性物質の一つであるストロンチウムは、毎月分析することになっているが、昨年6月に採取した海水などの分析結果を最後に、半年近くも公表していなかった。


 東電によると、昨年夏まで使っていた装置の分析結果にばらつきがあり、信頼性に乏しかった。同9月に新たな装置を導入し、信頼性が向上したが、「旧装置と異なる分析結果になった原因を詳しく解明してから、新たな装置による結果を公表したい」と説明している。

touden


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140108-OYT1T01055.htm




1 :ハムスターちゃんねる2014年01月09日 10:09 ID:ye7kCrq60
ほんとこれどーするんだよ






2 :ハムスター名無し2014年01月09日 10:09 ID:4w9Y7c4u0
 ヤ バイ






3 :ハムスター名無し2014年01月09日 10:09 ID:8dHhdkKL0
知ってた






続きを読む