保育園「待機児童の為にも開園頑張る!」→老害「は?子供の声やら送迎うるせーからやめろ」→延期へ
http://hamusoku.com/archives/8768039.html


201504180001_000_m


0 :ハムスター2ちゃんねる 2015年4月22日 14:25 ID:hamusoku
 ● 住民「ついのすみか…戸惑い」 園「まちづくり理解を」 
 4月の陽光が降り注ぐ園庭で、社会福祉法人「新芽会」の鶴丸聡一郎理事長(52)は高さ3メートルの防音壁を寂しそうに見上げた。「子どもの声は不快なのか…」

 福岡県古賀市に1日、新設された認可保育所「舞の里バディ保育園」(定員110人)。建設を計画した2年前から近隣住民の反対運動に遭った。
(1)騒音対策として防音壁を設置
(2)住宅側にある幅6メートルの市道を送迎に利用しない-ことを求められた。

資金不足のため、鶴丸理事長はブロック塀での代用や高さ1・5メートルの防音壁などを提案したが、「民家側の約60メートル全てに高さ3メートルの防音壁を設置」は譲ってもらえなかった。

 結局、約600万円掛けて防音壁を設置。駐車場や給食食材の搬入口の位置も市道を通過しないよう変更した。


 「子どもたちには何の罪もない。保育所が必要なのも分かる。でも、自分たちには死活問題ということも理解してほしい」。市道を挟んで保育所に隣接する自宅に住む男性(65)は訴える。

 約20年前に今の家を購入し、7年前に退職した。夫婦で老後を過ごしてきたが、保育所ができれば環境が激変してしまう。「この辺りの静かな環境を気に入って家を買った。子どもの声や送迎で騒がしくなると…。ついのすみかと思っていたのに」と戸惑いを隠せない。

 近隣約200世帯への説明会や意見交換会は4回開かれたが、住民でつくる「新設保育園建設計画の再考を求める会」は、見直しを求める3717人分の署名を市に提出した。同会代表の男性(50)は「保育所が迷惑施設とはこれっぽっちも思っていなかった。でもここは開発から約30年たった住宅地。60代、70代を超えた住民が多いことを配慮してほしかった」

http://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/163616





1 :ハムスター名無し2015年04月22日 14:24 ID:rVw9f9ZK0
下の世代の年金で暮らしてる老害が偉そうに






3 :ハムスター名無し2015年04月22日 14:25 ID:.y9z7DQZ0
さっさと死ねばいいのに。






4 :ハムスター名無し2015年04月22日 14:25 ID:UrDnbXnX0
子供は小さい怪獣、老人は害獣




続きを読む