honda3


0 :ハムスター2ちゃんねる 2014年8月4日 14:26 ID:hamusoku
地元メディアが本田の「背番号10」剥奪を要望 「お願いだ、本田から10番を剥奪してくれ」

 ACミランは北米で開催中のギネス・インターナショナル・チャンピオンズカップで3戦全敗し、得点1、失点10という最悪な結果に終わった。

 参加クラブ8クラブの中で勝ち点、得点、失点のいずれもワーストの成績。そんなかつての名門の凋落をイタリアの地元メディアも酷評。特にミラン専門のニュースチャンネル「Milannews.it」は、昨季以降不発続きのMF本田圭佑に「背番号10剥奪」を要求するに至っている。

 現地時間3日10時に報じられた「慰めの勝ち点1すら取れない」という見出しの原稿ではフィリッポ・インザーギ新監督の就任したミランの直面する大きな問題について触れている。


「このミランには一つだけ大きな問題がある。サッカーのゲームができていない。ギネスカップは、慰めもないみじめな勝ち点ゼロで最下位という結果に終わった」

 記事が指摘しているのは、プロのサッカークラブとしては大前提の問題だ。そもそも試合ができていないと、昨季8位に終わった名門をぶった切っている。

 ギネス杯初戦のギリシャ王者オリンピアコスに0-3で完敗すると、ティフォジ(サポーター)から怒りの声が漏れ始めた。2戦目のプレミア王者マンチェスター・シティ戦で1-5の惨敗を味わうと、不満の声は怒号と化した。

 そして2日(日本時間3日)のリバプール戦で0-2と完敗。名だたる名門の中で唯一の勝ち点0という恥辱にまみれ、もはや言葉を失っている感すらある。

名門失墜の象徴として批判されている本田
「アイディアはゼロ、試合内容はゼロ、創造性もゼロ……。ミランはクオリティーを探し求めている」と記事ではギネス杯3試合で見るべき点や希望すら感じられないと厳しく批判。さらにミランと名乗り、世界中に畏怖された赤と黒のユニフォームに身をまとうに相応しいとは言えない現在のチームの悲劇的状況の象徴として、本田が非難されている。

「クオリティーと言えば……、お願いだ。本田から10番を剥奪してくれ」

 ジェニオ(天才)と呼ばれた旧ユーゴ代表サビチェビッチ、クロアチア代表ボバン、ポルトガル代表ルイ・コスタら本物のプレーメーカーがまとった栄光の番号だが、日本人MFには相応しくないと記事では断定し、悲痛な叫び声を上げている。

 世界一を目指すと公言しながらもブラジルワールドカップでは1次リーグ敗退という厳しい現実に直面することになった本田。休暇を経て、7月22日にチームに合流。ギネス杯3試合では3トップの右で1試合先発し、2試合で途中出場となった。

 先発したマンC戦では前半、豊富な運動量で中央に進出したが、味方からパスを集められず。試合に関与できないまま、後半は一気に運動量が減少。足が止まった。リバプール戦では後半20分から途中出場したが、プレースピードの欠如から相手のプレスの網にかかり、ボールロストの場面が目立った。

 そんな本田の冴えないパフォーマンスは、欧州のカップ戦出場すらままならないミラン失墜の象徴と地元メディアの目に映っているのかもしれない。結果至上主義とも呼ばれるカルチョの国では、結果さえ出すことができれば、評価は一夜のうちに一転する。昨季からボバンら名だたるミランOBも本田の選手としてのクオリティーに対する疑念の声を上げている。

 背中に輝くかつての栄光の番号に突き刺さる、容赦のないイタリアメディアの批判の声を封じるには、やはりゴールと勝利しかない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140803-00010009-soccermzw-socc#!buW3Vi




1 :ハムスター名無し2014年08月04日 14:27 ID:aK.cdAR10
マジでコイツは口だけだったよね・・・






2 :ハムスターちゃんねる2014年08月04日 14:27 ID:weZBn50n0
俺からもお願いするrrk






4 :ハムスター名無し2014年08月04日 14:28 ID:bHOIHX9C0
俺は10番をつけ続けるよ、あえてね





続きを読む